「書く」「話す」ことで頭が整理される。

イベント情報

読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

先日、札幌カフェ会でご一緒した小松田さんにお会いして「人生ノート」を書いてもらいました。

人生ノートとは?

人生ノートとは、色々な方の人生を聞いて学びを得て、今後の人間力をつけるために行なっていることです。

本の話を中心に読書会をやるようになったきっかけなどを色々とお話ししました。

キーワードは「やりたいことをやる」

約1時間半ほどお話をしました。

わたしの話の内容のキーワードは「やりたいことをやる」だそうです。

好奇心と学習欲はずば抜けてますと言われました。

今の仕事を選んだのも面白そうというのがきっかけでした。

色々な仕事の話を聞くようにしているのも、もっと面白いことや楽しいことがあるんじゃないかという気持ちです。

5年後の自分を想像してみる

一番難しかった質問は「5年後の自分にどんな言葉をかけますか?」というものでした。

一旦5年前の自分にかける言葉を考えてみました。

5年前には今のようになるとは想像していませんでした。

ということは5年後も想像していた未来が来るとは限らないということです。

5年前の自分には「思い描いていた未来はやってこない」と声をかけます。

5年後の自分には、「今のままで満足するな」と声をかけると思いますとお答えしました。

30歳になるといろいろと縛りが出てくることもあるでしょう。

それでも可能性を探ることをやめない人間でありたいと思っています。

タイムマシンでやってきた過去をやり直す、今のわたしにとっては未来をやり直すイメージでやっていこうと思います。

読むと話す

思考の整理にはアウトプットが最適です。

このことは思考の整理学にも書いています。

頭の中で考えようとしてしまうとどうしても混沌としたものから抜け出せません。

「書く」でも「話す」でもいいです。

一旦、自分から切り離してみるといいかもしれません。

ちなみに、小松田さんは500人の人生ノートを作るのが

目標だそうです。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




自己紹介


ついていける師匠を見つける

わたしの読書習慣を変えた1冊。

関連記事

  1. 夜の底が白くなった。

    川端康成「雪国」「ねえねえ、井田さん。川端康成の雪国の冒頭知ってますか?…

  2. ひとり出版社、夏葉社 島田さんのお話を聞いて「仕…

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。「仕…

  3. 東野圭吾『秘密』〜秘密にしたい名作〜

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 何度でもやり直せる社会に

    2018/06/22に天狼院書店で開かれた「暗闇でも走る」の著者安田さんのイ…

  5. 読書のアウトプットのススメとその方法

    本との出合いは人との出会いと同じだと思っています。札幌で「本を語る、人と…

  6. 世の中は仮説だらけ⁈

    第39回 読書会「本の話をしよう」で私が紹介した本の紹介です。札幌で…

  7. くすみ書房・久住邦晴氏から学ぶ奇跡を起こすために…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. 「なぜドリル」をやってみた!

    つい先日、毎日ブログ更新頑張りますという記事を書きました。札幌で読書…

Twitter でフォロー

PAGE TOP