わたしの読書習慣を変えた1冊。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

朝起きたら、外が白かったです。

とうとう冬のシーズン突入といった感じです。

寒いのは得意ではありませんが、そうあるものだと思って、自然体で過ごしたいものです。

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

アウトプットは大切!

藤井孝一「読書は『アウトプット』が99パーセント」(知的生きかた文庫)です。

タイトルが本に書かれている内容の全てを表しています。

アウトプットをすることで、本を読むという行為は、自分の血肉となりますよ、ということとその実践方法が書かれています。

わたしの読書習慣を変えるきっかけになった1冊です。

今までに何度も再読をしていて、その都度新たな発見があります。

本を読みながらわたし自身ステップアップしてきているのかなと感じます。

わたしのアウトプット歴

読書メーターというSNSを使っていますが、はじめはそこで感想も書くようになりました。

ある時、読書会というものに興味を持ち始め、参加するようになりました。

なかなか時間の都合が合わずに参加できず、自分で主催をするようになりました。

今振り返ってみると本に書かれている内容を一つずつ実践しているような感じがするのです。

これからは書評にチャレンジ

ということでこれからの目標は書評をすることです。

書評というとおこがましいですが、自分のいいと思った本を伝えたい人に伝えるトレーニングをしていきます。

書評を書くときの3つのポイントがしっかり書かれていますので、引用させていただきます。

「何が書いてあったか」
「そこから何を学んだか」
「それをどう活かすか」(p118)

わたしなりの定義としては、上から順番に、「事実」「教訓」「行動」となります。

これを軸に書けば小説でも、新書でもなんでも書くことはできそうです。

あんまり紹介をしすぎて、読書会で紹介する本がなくならないように気をつけたいと思います。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声プラットフォームHimalayaでもお話ししています

書いている人


「書く」「話す」ことで頭が整理される。

これからの時代の働き方を考える『革命のファンファーレ』読書カフェ会@LaniKauに参加しました。

関連記事

  1. 本棚の10冊で人生哲学を考えてみる

    テーマは人生哲学札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo03…

  2. 「目的のための手段におぼれるな」

    やりたいことを考えている瞬間がとてもワクワクするので好きです。美味しいも…

  3. 松浦弥太郎さんから考える、「ていねいな暮らし」と…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 坪倉優介『記憶喪失になったぼくが見た世界』で、感…

    第56回 札幌ゼロ読書会「本の話をしよう」を開催しました!わたしが紹…

  5. 本は表紙で選ぶのも面白い

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  6. 毎日が挑戦! 早起きチャレンジ!

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカ…

  7. 松浦弥太郎さんから学ぶ「自分株式会社」の経営哲学…

    松浦弥太郎さんが好きです。柔らかな文章の中にピリッとすることが書いてあっ…

  8. 河合隼雄『こころの処方箋』で常識を知る

    第27回「本を語る」読書会で紹介した一冊です。この日、紹介したの…

Twitter でフォロー

PAGE TOP