本を読むと余白が生まれる

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、本を読むことで得られることのひとつをお話しします。

先日、このようなツイートをしました。

本を読む目的は様々です。

娯楽としての読書もありますし、何か知識を身につけたり実生活に役立てたりするための読書など色々あるかと思います。

基本的には必要だと思う読みたい本を読んでいけばいいと思っています。

それが少なからずストレス行為でもある読書を楽しむための秘訣です。

時としてはテーマを絞ってそれに関する本をどんどん読んでいくという方法もおすすめです。

だんだんと「あの本でも言っていたな」と共通項が見えてくるのです。

テーマを絞って同じようなジャンルを読んでいくときにもたまには全く関係ない本を読んでみるのもおすすめだったりします。

同じようなものばかり読んでいるとだんだんと頭の中が煮詰まるような感覚があります。

そういうときに全く関係ない本を手に取ると、そこに新たな発想の種が投げられるようで、物事を考える余白みたいのが生まれるのです。

たとえば仕事の効率化の本を続けて読んでいて、ふと小説を読んだとします。

自分とは関係ない仕事の本だったらこんな世界もあるんだなと、それが活きるかどうかは別としてそれを考えたスペースみたいなものが脳に生まれる感覚があります。

この感覚については是非やってみてくださいとしか言えないのですが、頭が凝り固まってしまいそうなときにおすすめです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


経験と例えを駆使して伝える

「はやく」にこだわらなくてもいいんじゃないですか?

関連記事

  1. 今日も本は誰かを救ってくれる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 読書会はいつから始まっているのか?

    明日は読書会です。お久しぶりの対面です。密を防ぐために人数は減らしてい…

  3. 読書と投球術の関係

    昔話をちょこっとします。兄の影響で小学2年生から野球をはじめました。…

  4. 人が紹介するから読書会は面白い。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 人に本を紹介してもらう意味は何なのか?

    毎月2〜3回くらい読書会を開催しています。これまで本の紹介型の「本の話を…

  6. 本を探すときに知っていると便利なISBNについて…

    今回は本を探す際のちょっとしたテクニックをご紹介したいと思います。本を探…

  7. 本はいつでも誰かを救ってくれる

    「どうやったら本を使ったビジネスが展開できるでしょうか?」以前このような…

  8. アウトプットはまずはTwitterからやってみま…

    どうやったら読書をより自分の血とし肉とすることができるのか。その鍵のひと…

Twitter でフォロー

PAGE TOP