本は無理して読まなくても良い

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

私は本が好きです。

ストレングスコーチには『異常な本好き』と称されました。

というものの、読書が好きかというと無条件にうなずけない自分がいるのです。

ハッシュタグで、#読書好きな人と繋がりたい はあまり使わず、#本好きな人と繋がりたい を使っています。

本と読書は何が違うのか考えてみました。

本と読書の違い

私の定義になりますが、本は物体です。

そして読書は本を読む行為です。

本は物体と書きましたが、近年では電子書籍やウェブ記事も増えてきているため、どんどん本という実態はわからなくなってきています。

 

本の本質とはなんでしょうか?

それは情報です。

我々は、紙を束にしたものに代金を支払っているのではなく、そこに載っている情報に対してお金を払っているのです。

情報には色々な種類があります。

明日からの生活に役立ちそうなハウツー本からじわじわと効いてくる自己啓発本、楽しい気分を疑似体験出来る小説など様々です。

 

本は情報であると定義するならば、製本されたものでなければいけない理由はありません。

実際に私も学びの場としては本だけでなく、セミナーに参加をしたりしています。

その場その場であった方法を選択するのが良いと思います。

その中で本を選んでより効率のいい読み方を知りたいという方がいらっしゃいましたら是非ご相談ください。

今日のおすすめ

本の定義ではこちらの本がオススメです。

小説でマーケティングが学べます。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




note(掌編小説、日記など)もやってます!

音声プラットフォームHimalayaでもお話ししています

書いている人


10年前の自分への手紙

時間は資産である

関連記事

  1. ベストセラーは読んでもいい

    「本を選ぶ基準ってありますか?」今回は私なりの本を選ぶ基準の一つを紹介し…

  2. 漫画は読書に入るのか?

    読書家さんの中でもたまに議論が起こることについてわたしなりの見解を述べてみよ…

  3. 読書会に何を求めるのか?

    先日、北海道新聞の『人トーク』に読書会主宰者として紹介いただきました。…

  4. 自分が読みたいと思った本を読む

    一年間にどれだけの本が刊行されているかご存知でしょうか?統計局のデータに…

  5. 本で伝えたいことはひとつだけ

    本で伝えたいことはひとつだけ本を読んでいるとたくさんの気づきを得ることが…

  6. 本を読むことは未来に対する自分への投資だ。

    先日このようなつぶやきをしました。https://twitter.com…

  7. 好きな本を言語化できるともっと好きになれる。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  8. 本はモノなのか? 体験なのか?

    「モノより思い出」日産セレナに使われたコピーで聞いたことがある方が多いか…

Twitter でフォロー

PAGE TOP