着る服を選ぶように書評をします。

「今日は何を着て行こうかな」と迷うことはありますか?

学生時代であれば制服の方が多いと思いますので、そのようなことは少なかったのではないでしょうか?

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

書評の定義を考える

最近は書評をすることにも積極的にチャレンジしています。

書評というとどうしても上から目線というか、そのような感じがして好きにはなれませんでした。

かといって単なる読書感想文ではもったいない気がします。

そうであるならば、自分なりの書評の定義を考えてしまえばいいと考えました。

わたしにとっての書評とは「何が書いてあって、そこから何を学んで、どう活かそうか書いたもの」です。

この本から学んだことです。

つまり、この本にはこういうことが書いてありまして、ということで留まるような感覚では書きたくないなというのがあります。

メディア書評のあるべき像は?

わたしなりの定義の書評はわたしのブログで残す分には問題はありません。

しかし、登録している美女読書に出す場合はどうでしょうか?

ライターの個性が押し出された書評には疑問を感じる方もいるかもしれません。

メディアで括られた書評にはこの存在が強調されている必要性はないのです。

なので、「何が書いてあって、何を学べるか」が軸になってくるのかなと思います。

制服と私服を使い分けるイメージ

本という学校があって、そこには制服が存在します。

全員が同じ制服を着ているのですが、そこで個性がなくなるかというとそのようなことはないはずです。

外の世界から見ると、あの学校の生徒と一括りにされますが、個の存在として制服を着ているだけです。

私服の方が自分の個性を発揮できるチャンスもあります。

どちらが良い、悪いではなく、制服と私服を使い分けるイメージで書評をしていきます。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


ちょうどいいインプットとアウトプットのバランスは?

書き言葉は100倍拡大解釈されても大丈夫な言葉を使いましょう

関連記事

  1. 面白い本との出合い方

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 小説を人生にどう生かすか?

    小説を読み終わりました。いい小説に巡り会えたなと感じるときほど嬉しいこと…

  3. 自分にとって最適な読書環境を見つける

    あなたはいつ本を読んでいますか?今回は「本を読む環境」について書いていき…

  4. 読書家は、スタンスだ。

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。本の魅力や癒し…

  5. 本は汚して読んでもいい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 遠回りでも本を読んで考えて学びたい

    毎日のように本を読んでいます。本を読んでいると関係ないことを思い浮かぶこ…

  7. 好きな本を言語化できるともっと好きになれる。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  8. 人に本を紹介してもらう意味は何なのか?

    毎月2〜3回くらい読書会を開催しています。これまで本の紹介型の「本の話を…

Twitter でフォロー

PAGE TOP