書き言葉は100倍拡大解釈されても大丈夫な言葉を使いましょう

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

午前中に作文教室ゆうの藤本さん主催の修身教授録読書会に参加をしました。

今回はそこで学んだことをサクッと書いていきます。

書き言葉の100倍ルール

本のそれぞれの講ごとに感想を発表し合うのですが、途中文字テキストのやりとりについての話になりました。

そこで藤本さんが仰っていたのが、「書き言葉の100倍ルール」です。

簡単にいうと100倍に拡大解釈をされても大丈夫な言葉を使うというものです。

例えば、時刻や場所。これらは誰にとっても解釈は同じです。

次に感謝の言葉。ありがとうとちょっとした気持ちで言って、相手が死ぬほど感謝する気持ちで感謝しているんだぁと思われても別に問題はありません。

ここまでは良いのですが、例えば、頑張れという言葉。軽くいった気持ちでも相手が寝ずに努力しろと言われたと感じることがないとも言えないという場合も出てくるのではないでしょうか?

言い回しを変えて見るというのも1つの手です。

100倍拡大解釈された結果、自分の意図とは違うように解釈されては残念なので、メッセージテキストでの議論は避けた方が良さそうです。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




書いている人


着る服を選ぶように書評をします。

天狼院書店と読書会と私

関連記事

  1. ハチの数がちょうどいいと思った話

    すべらない話をします。と思ったんですけど、そう思うと結構むずかしいですよ…

  2. 自分らしい読書会とは何か?

    読書会を開こうと思ったときに最初に考えたのは「何者」感をなくすことでした。…

  3. 読書会には話し上手よりも聞き上手

    読書会で求められる1番のスキルは話し上手ではなくて、聞き上手だと思う。…

  4. 天狼院書店と読書会と私

    「あぁ、井田さん、初めまして!」受付開始時間ぴったりに会議室に入ると、女…

  5. 何かにとらわれすぎずに柔軟に

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。本へ…

  6. 何が起こるかわからないから旅なんだ

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  7. わたしの水道凍結11日戦争

    序章(1月3日)「水が出ない……」相手の見えない戦争は突如として始ま…

  8. こんなときだからこそ

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP