今日も本は誰かを救ってくれる

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、「本の魅力」です。

以前、このようなツイートをしました。

わたしは日々このブログやTwitterなどで発信をしています。

その根本にあるのは「本っていいものなので読んでみませんか?」というのがあります。

今の世の中はあらゆるものが手軽に手に入るようになりました。

ほしいと思ったものはスマートフォンひとつで自宅まで届けてくれますし、情報だってすぐに手に入ります。

きっと「本」なんて時代遅れだなんて思う方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、本というのは必要なときに必要なものを与えてくれる存在だと思っています。

そしてそれはずっと姿形を変えずに待っていてくれます。

積読にしていた本がある日突然気になり読みたくなるなんてこともあります。

 

本を読んでもらう、魅力を伝えたいと思ってもそもそも興味がない方に伝えるのは至難の業です。

それならば自分が本に対して考えていることと楽しんでいることを伝えようとしている感じです。

もっと言えば、本好きのコミュニティを進めていくことで、あなたも仲間に入りませんか?  という状況が広がったらいいのかなと思っています。

本好きの輪を広げることはむずかしくもあり、やりがいがあります。

ということでこれからも頑張っていきます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


ロルフ・ドベリ『News Diet』(サンマーク出版)

高水裕一『宇宙人と出会う前に読む本 全宇宙で共通の教養を身につけよう』(ブルーバックス)

関連記事

  1. 本を通してフラットに話ができる読書会

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 読書会はいつから始まっているのか?

    明日は読書会です。お久しぶりの対面です。密を防ぐために人数は減らしてい…

  3. 読書と投球術の関係

    昔話をちょこっとします。兄の影響で小学2年生から野球をはじめました。…

  4. 人が紹介するから読書会は面白い。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 人に本を紹介してもらう意味は何なのか?

    毎月2〜3回くらい読書会を開催しています。これまで本の紹介型の「本の話を…

  6. 本を探すときに知っていると便利なISBNについて…

    今回は本を探す際のちょっとしたテクニックをご紹介したいと思います。本を探…

  7. 本はいつでも誰かを救ってくれる

    「どうやったら本を使ったビジネスが展開できるでしょうか?」以前このような…

  8. アウトプットはまずはTwitterからやってみま…

    どうやったら読書をより自分の血とし肉とすることができるのか。その鍵のひと…

Twitter でフォロー

PAGE TOP