ロルフ・ドベリ『News Diet』(サンマーク出版)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回は、本の紹介です。

紹介する本は、ロルフ・ドベリ『News Diet』(サンマーク出版)です。

身近の方々が紹介されていたので手に取りました。

あなたは日々どのような形でニュースを取り入れているでしょうか?

そのニュースに対する弊害について書かれている一冊です。

いっそのことニュースのない生活をしてみては? と提案をしています。

 

ニュースを追いかけることは本当に大切なのでしょうか?

例えば先月のニュースで今は報道されていないものをいくつ思い浮かぶでしょうか?

あったとしたらそれがあなたの生活にどれだけの影響力を及ぼしているでしょうか?

これらの質問に対して私の答えは「0」でした。

ニュースを得たところで自分の影響の範囲は何1つ変わっていないのです。

 

ニュースを取り入れていないとなんだか自分が取り残されるような気分になりますが、大切な情報は向こうから自然とやってくるのだと思います。

 

ニュースはどちらかというと興味を引くために書かれており、その理由としては広告費を掛けられているからです。

ニュースを見るということはその広告に対しても反応しなければいけないということです。

すぐに閉じるという精神であっても塵も積もれば山となるので神経を使うんじゃないかと思います。

 

それよりもじっくりと構想を寝られた本を味わうようにしっかりと読み込んでいくことのほうが大切なように思います。

 

早速ですが、私もニュースフリーの生活を試してみることにしました。

浮いた時間で本を読もうと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


本を読むきっかけをつくりたい

今日も本は誰かを救ってくれる

関連記事

  1. ストレングスファインダーから考える、目標の立て方…

    今日は目標の設定についてわたしが学んだことについて書いていきます。「本を…

  2. 大河内薫 若林杏樹 『貯金すらまともにできていま…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 栗原隆人・鵜川将成『ザ・インターナルブランディン…

    『ザ・インターナルブランディング』という本を読みましたので紹介します。「…

  4. 武田友紀『「繊細さん」の本』を読んで、生きやすく…

    動画でも紹介をしています。HSPという言葉は聞いたこ…

  5. はあちゅう『「自分」を仕事にする生き方』(幻冬舎…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. トム・ラス『「向いてる仕事」を見つけよう』(ダイ…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. ストレングスファインダー勉強会「規律性」に参加し…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. ストレングスファインダーの34の資質を手なずける…

    今回はわたしが好きなストレングスファインダーのお話です。「本を語る、人と…

Twitter でフォロー

PAGE TOP