グレッグ・マキューン『エッセンシャル思考』を読んで

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

動画でも紹介をしています。

よければそちらもご覧ください。

 

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで癒しと安らぎを与える読書療法士の井田祥吾(Twitter: @shogogo0301)です。

今回紹介する本は。グレッグ・マキューン『エッセンシャル思考』です。

2014年12月に刊行されたベストセラーです。

 

エッセンシャル思考とは、シンプルで「より少なく、しかしより良く」を追求する生き方で物事の本質を見極めて、注力すべきところに力を注いでいくという生き方です。

この本でもエピソードとして紹介されていますが、コヴィー博士の『7つの習慣』に通ずるところがあるのかなと思います。

 

選択をしてそれに集中することはとても大切です。

選択する対象は様々です。

お金、時間や人間関係などたくさんあります。

どうすれば自分にとって大切なものに向き合うことができるのでしょうか?

 

それにはトレードオフという考え方が大切だと感じました。

トレードオフとは「何かを選ぶことは何かを捨てること」という意味です。

ただなんとなく選択していることを減らすだけでも、良い選択、行動へと繋がるような気がします。

本書では、自分にとって重要なことを見極める技術、捨てる技術、仕組み化と詳しく書かれています。

 

印象に残ったところは、

日記は、脳のバックアップ装置のようなもの

という表現です。

わたしも朝夜と日記を書いていますが、大きな流れをみるものとして活用をしてみようかと思います。

 

何かを選ぶことは何かにノーということです。

勇気を持つことが大切ですね!

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


人に本を紹介してもらう意味は何なのか?

時間がないから本が読めないのではなく、本を読まないから時間がない。

関連記事

  1. 栗原隆人・鵜川将成『ザ・インターナルブランディン…

    『ザ・インターナルブランディング』という本を読みましたので紹介します。「…

  2. 武田友紀『「繊細さん」の本』を読んで、生きやすく…

    動画でも紹介をしています。HSPという言葉は聞いたこ…

  3. トム・ラス『「向いてる仕事」を見つけよう』(ダイ…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. ストレングスファインダーから考える、目標の立て方…

    今日は目標の設定についてわたしが学んだことについて書いていきます。「本を…

  5. ストレングスファインダーの34の資質を手なずける…

    今回はわたしが好きなストレングスファインダーのお話です。「本を語る、人と…

  6. ストレングスファインダー勉強会「規律性」に参加し…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. はあちゅう『「自分」を仕事にする生き方』(幻冬舎…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. アンジェラ・ダックワース『GRIT やり抜く力』…

    2020年の12月から不定期で藤本さんのYouTubeチャンネルに出演してい…

Twitter でフォロー

PAGE TOP