時間がないから本が読めないのではなく、本を読まないから時間がない。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで癒しと安らぎを与える読書療法士の井田祥吾(Twitter: @shogogo0301)です。

最近でこそ滅多にゲームをやることはなくなりましたが、小学生の頃からゲームをするのが好きでした。

やりすぎだと止められることもありました。

特にハマったなと思うのは、スーパーファミコンの「マリオRPG」と「ポケットモンスター」です。

今振り返ると変わっているかなと思うのは、困ったら攻略本をみるのではなく、はじめから攻略本を片手にプレイを進めていくことでした。

この先どうなるとかわかっている状態で実際にその出来事に対してアクションを取っていくわけです。

いわばゲームが単なる確認作業でしかなかったわけです。

それが楽しかったのか? と聞かれたら大いに楽しかったと答えます。

 

ビジネス書の類というのはこの攻略本みたいな側面があると思っています。

こうすればあなたの生活の質が向上しますよ、と教えてくれています。

実行したら実際に業務効率が上がり生産性が上がるなんてこともあるかもしれません。

 

ある時期から「時間がないから本が読めない」のではなく、「本を読まないから時間がない」と思うようになりました。

一旦本を読むことによって時間を効率使うことができるようになり、その余った時間でまた本を読むというサイクルを回すことができたら、きっと読書家にとって幸福な時間が続くのかなと思いました。

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


グレッグ・マキューン『エッセンシャル思考』を読んで

北海道立文学館『おいしい! 美味い‼︎ 文学』に行きました

関連記事

  1. 与えられた5分で何を話すか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. ちゃんと本を読む時間とってますか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカ…

  3. 本はなるべく手元に置いておきたい

    年間の読書量は150冊から200冊くらいになります。基本的には新刊本を購…

  4. 本を読む目的を明確にする

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 未来の自分に向けての読書感想文

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. どんな読書会をやっているのか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、…

  7. 自分が読みたいと思った本を読む

    一年間にどれだけの本が刊行されているかご存知でしょうか?統計局のデータに…

  8. 本選びは友だちと仲良くなる感覚で

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP