北海道立文学館『おいしい! 美味い‼︎ 文学』に行きました

先日、北海道立文学館で開催中の『おいしい! 美味い‼︎ 文学』を見に行きました。

北海道にまつわる作家さんの絵や文章が展示されていました。

表現の対象になっている食べ物も様々で北海道らしいと感じるものから日常感があふれているものなど様々でした。

展示室を後にするときには脳はお腹いっぱいで、お腹の方はペコペコという感じでした。

 

ここからはそこからわたしが思ったことについて書こうと思います。

おいしいものを食べるのが好きと言おうと思うと、おいしいものを食べることに幸福を覚えない人はいるのだろうかと思ってジャンルをしぼるのがいいかと思います。

そんなわたしの趣味の一つがおいしいカレー屋さんとカフェ巡りです。

一つを選べと言われたらどちらも選ぶことができます。

どちらかというと今はそのそれぞれのナンバーワンを破ってくれるんじゃないかという淡い期待を抱いてお店に向かうことがあります。

 

何をおいしいと感じるかどうかは小さい頃からのお母さんんの作る料理の影響が大きいのかなと思います。

母親の料理では特に餃子と唐揚げが好きなのですが、食べログの評価が高いお店でも食べてもなんだかピンとこないときが多いのです。

家のとはなんか違うなという感覚でお店を出ることが多いのです。

そこではたと気づいたのが、お店の味が違うのではなく、家で食べるそれらがオンリーワンなのだと気づきました。

一人暮らしを始めてからはもちろん食べる機会が減りましたが、それでもたまに実家に帰って食べるときは何が出てくるのだろうと楽しみになるのです。

 

母親の料理でもう一つ思い出に残っているのは誕生日の夕食です。

なんでも好きなものを作ってくれるというリクエストでわたしは「エビフライと赤飯」を毎年お願いしていました。

幼稚園の頃の記憶でしたが今でもとても心に残っています。

お赤飯は北海道だと甘納豆のところが多いかと思いますが、我が家は小豆でした。

 

とこんなように食べ物の思い出を想起させる展示でした。

お子さんんでも楽しめると思いますので、ぜひ足を運んで見てください。

会期は2021年3月7日までです。

北海道立文学館

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


時間がないから本が読めないのではなく、本を読まないから時間がない。

ショーペンハウアー『読書について』を読んで考える読書スタンス

関連記事

  1. 『鍼灸院くらさろ』で未病を癒す

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  2. 札幌が好き!

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  3. 酸っぱいレモンを与えられたら?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. ありがとう!アルマージ!

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 芸術の森『蜷川実花展 ―虚構と現実の間に―』に行…

    芸術の森『蜷川実花展 ―虚構と現実の間に―』に行きました先日、お誘いを受…

  6. Brown Books Cafeに行こう!豊水す…

    豊水すすきの駅から徒歩1分!Brown Books Cafeに行こう!あ…

  7. 渡辺淳一さんに学ぶパートナーシップ

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. お一人様専用「喫茶 カルメル堂」

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP