世界メンタルヘルスデーに思うこと

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

本日、10月10日はメンタルヘルスデーだそうです。

世界精神保健連盟が、1992年より、メンタルヘルス問題に関する世間の意識を高め、偏見をなくし、正しい知識を普及することを目的として、10月10日を「世界メンタルヘルスデー」と定めました。

厚生労働省HPより

とのことです。

わたしは大学に在学中に統合失調症と診断されました。

特殊な大学だったので、中退をせざるを得ない状況となりました。

療養期間を経て、働き始めました。

服薬はずっと続けていましたが、原因がわからずに再発して入院をしました。

そのときに病名が双極性障害となりました。

 

今は安定して働くことができています。

再発を防ぐために服薬は今でも続けています。

正直なところもうそういった症状は出ないと思うけれど、実際のところはわからないという感じです。

 

メンタルに疾患をもつ当事者の視点から考えると偏見をなくすのはむずかしいと思うところがあります。

それが動物であり、人間だと思うからです。

同じような人たちは仲良くなりますし、異質なものは避けようとします。

血液型という目に見えない、根拠がよくわからないものでもつながりを感じている人がいるくらいです。

 

それではあきらめるしかないというとそういうわけではありません。

わたしはそういうメンタルの疾患を持っていることを公にしても問題がない世の中が求められていると思っています。

もし鬱でも躁でも思考の制御が利かない状態になったとしても守られているという世の中であれば、心強いものがあります。

もちろん当事者にも何もなく平穏な日々を送るための努力は必要です。

しかしそれだけでは対処できない部分がどうしても出てきてしまうことがあります。

そういうときに受け皿となってくれるそんな社会であってほしいなと思います。

 

わたしができることはできる限りでオープンにして生活をしていくことだと思っています。

こういうことを発信すると身構えて距離を置こうとする方はいらっしゃるかと思います。

でも離れていった人にはもう何かメッセージを届けようにも届けることはできません。

それならば自分の身近にいる人たちにこういう人がいることを伝えておくことで、もしわたし以外の人が援助が必要になったときに助けてくれるのではないかと思います。

 

そのようなことを10月10日が世界メンタルヘルスデーということを受けて考えました。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


よく眠るために感謝の気持ちで一日を終える

続けることの大切さを感じる一冊

関連記事

  1. 努力はダサいことなのか

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  2. 私の朝のルーティン

    私の朝のルーティン最近の行動パターンについて書いてみようと思います。…

  3. こういう日もあるよねと思えること。

    早起きを毎日最初のチャレンジにしています。「本を語る、人と繋がる」をテー…

  4. わたしが日記で書いているふたつのこと

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 仕事とは価値を提供すること

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  6. わたしとブログのあるべき姿

    今日こそはブログを書こうと思いながら更新できない日々が続いていました。札…

  7. 誕生日とは、そういうこと。

    「私の誕生日のちょうど100年前が芥川龍之介の誕生日です」読書会冒頭での…

  8. わたしにとっての旗印は何か?

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。今日…

Twitter でフォロー

PAGE TOP