完璧を目指さなくても。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

完璧を目指して何もやらないよりも、
とりあえず何か形としてやってみたほうがいいのだと、
最近感じています。

札幌で読書会をやってます、
しょうご(@shogogo0301)です。

ブログの更新がきっかけです

それはブログの更新を意識しだしてから、
急に書くのが億劫に感じてしまうように
感じたところからもきているのかもしれません。

でも、
わたしは誰かに評価されるために
文章を書き始めたわけではありません。

評価を受けることを前提に
文章を書いているわけでもありません。

文章を書かないと今の生活が成り立たない
というわけではありません。

わたしがなぜ書くか?

自分の強みである内省が最も生かすことが出来る形が書くことだと
感じているからです。

ストレングスファインダー で出てきた強みとなりうる資質である
「内省」ですが、こと私の場合は、考えることと書くことで
磨かれるとのことでした。

 

だから別に極端でもなんでもなく、
普段ほぼ日手帳に書いている、
書く瞑想であるジャーナリングで
満足しても別にいいわけです。

 

そこに読んでもらう人のことを考えたことを
ブログとして上げていくべきなんだろうなと思います。

読みやすい文章とは何か?

文豪と呼ばれる人たちの文章はとても読みやすいです。

難しいことを難しいまま伝えるのではなく、
伝えたい相手に向かって書くということが
これから私が私に求めることなのかなと思います。

 

そう考えるとどうしても完璧を目指してしまいます。
でも、村上春樹氏がデビュー作の第一文で今の私にぴったりの
ことを言っていただいてるような気がします。

今日の本

ご案内

読書会情報

読書会情報はこちらからどうぞ!

しるし書店

(井田祥吾店)は「こちら」からどうぞ!

感想はこちらからもお待ちしてます!

レターポット やってます。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




書いている人


第16回「本を語る」読書会開催報告

あなたに向かって書く

関連記事

  1. 文章は相手に読まれてこそ意味がある

    文章は相手に読まれてこそ意味があるこのブログをご覧いただいている方は重々…

  2. 小さな一歩を大切にする

    量が質を生む「量が質を生み出す」と言われます。量が先ということなので…

  3. 成長する秘訣は、打席に立ち続けること。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  4. ヨットは風を利用して前に進む

    わたしは平日休みです。お休みの前の夜というのがとても好きです。夜更か…

  5. アインシュタインという哲学者。

    時間は大事。時間は大事。何回言っても言いすぎることがないことですね。何を…

  6. 生まれてから10,000日

    今日はわたしにとって記念すべき日です。札幌で「本を語る、人と繋がる」をテ…

  7. 「ふくぎょう」時代をどう生きるか?

    「ふくぎょう」時代をどう生きるか?コロナウイルスさんの影響がわたしの仕事…

  8. 文字にお金がかかったら、

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP