後藤武士『これ一冊で必ず国語読解力がつく本』(宝島社)

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を入力の上ご連絡ください。

今日のブログ

国語読解力に自信はありますか?

今回紹介する本は、後藤武士さんの『これ一冊で必ず国語読解力がつく本』(宝島社)です。

 

学生時代の得意不得意科目はなんだったでしょうか?

わたしは数学や理科が得意で、国語が苦手でした。

国語は苦手でしたが本を読むことは好きでもしかしたら主観的に自由に読んでいただけなのかもしれません。

国語というものが教科としてあってテストが行われる以上、そこには確かな正解というものが存在します。

ある程度の論理から導き出されるものでないと問題との相性によって点数がバラバラということになってしまいます。

いわばどうしてそれが解答になるのかしっかりと説明できないと本当の実力とは言えないはずです。

 

国語というものがどういう論理展開で進められてどういうところに着目すると良いかをこの本は教えてくれます。

この本は中学生のころの塾の講師の方に紹介してもらいました。

 

読解力というものは身につけてしまえば一生ものの能力です。

書いてあることから曲解したとしても読んでいる自分の役に立てることができれば本来読書というものはそれだけで十分なのかもしれません。

それでも、どうせ読むなら正確に読みとったうえでの解釈をしたいものです。

 

学生向けに簡単な文章題を含めて書かれています。

具体や抽象といった対立概念から指示語のポイントなど社会人になっても役立つ知識ばかりです。

なんとなく独りよがりの読み方をしていてそこから脱却したい方に手に取っていただきたい一冊です。

初版が2005年なので「具体例」に時代を感じました。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


【致知若獅子の会2022年7月】『国語を忘れた民族は滅びる』を読んで

俵万智『サラダ記念日』(河出文庫)

関連記事

  1. 『本は10冊同時に読め!』本を読まない理由をなく…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  2. 向井和美『読書会という幸福』(岩波新書)

    あなたにとって読書会はどのような存在でしょうか?今回紹介…

  3. 竹田信弥+田中佳祐『読書会の教室』(晶文社)

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  4. 近藤康太郎『百冊で耕す』(CCCメディアハウス)…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  5. 森信三『人生論としての読書論』(致知出版社)

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 島田潤一郎『電車のなかで本を読む』(青春出版社)…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  7. 主観的におもしろいと思うことを大切に

    今回紹介する本は、齋藤孝さんの『情報活用のうまい人がやっている 3色ボールペ…

  8. 齋藤孝『読書する人だけがたどり着ける場所』を読ん…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP