堀江貴文『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った』(角川書店)

今回紹介する本は、堀江貴文さんの『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った』(角川書店)です。

 

スマホのKindleアプリ内の本を眺めていて久しぶりに読んでみようと手に取りました。

堀江さんが服役をしていたのが遠い過去のように感じられました。

ネットから遮断された環境での情報源は限られたものであり、差し入れされた本やメルマガのコピーを読んでいたそうです。

そして堀江さんは手書きでメルマガを書いていたというのは驚きです。

堀江さんは理系的な素養を重視されている方なので、小説や人文書は少なめの印象です。(そもそも理系文系に分けること自体が愚問かもしれませんが……)

わたしは本には色々な種類や役割があり、小説にも大切な意義があると思っています。

わたしのような一般人にとっては役に立つか否かで本を選ぶというのは危険であり、タイトルが示すように「読んだら役に立った」という流れが大切だと思います。

読みたいと思った本をこれからも読み続けます!

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

書いている人


森信三『修身教授録』(致知出版社)

山口尚『難しい本を読むためには』(ちくまプリマー新書)

関連記事

  1. 齋藤孝『読書する人だけがたどり着ける場所』を読ん…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 岩田徹『一万円選書 北国の小さな本屋が起こした奇…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  3. アン・ウォームズリー『プリズン・ブック・クラブ …

    読書の楽しみの半分は本を読むこと、残りの半分はなんでしょうか?&nbsp…

  4. 永田希『積読こそが完全な読書術である』(イースト…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 森信三『人生論としての読書論』(致知出版社)

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. カーボ『Kindle Unlimited徹底活用…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  7. 印南敦史さんから学ぶ「フロー・リーディング」。流…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  8. 岩田徹『「一万円選書」でつながる架け橋』(竹書房…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

Twitter でフォロー

PAGE TOP