俵万智『サラダ記念日』(河出文庫)

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

31音で想像力をかき立てられる世界を感じました。

 

今回紹介する本は、俵万智さんの『サラダ記念日』(河出文庫)です。

小川洋子さんがパーソナリティを務めるラジオMelodious Libraryで取り上げられるということで再読をしました。

電子書籍でももっていましたが紙で読みたいと思ったので購入をしました。

 

俵万智さんの有名な歌といえば本書のタイトルにもなっている「サラダ記念日」かと思います。

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

俵万智『サラダ記念日』(河出文庫)p127

夏の爽やかな朝の素敵なカップルの姿が想像できます。

七夕の前の日というのが何ともいいですよね。

以前俵万智さんがTwitterでこのようなことをおっしゃっていました。

「今の時代はたくさんのいいねを集めますが、この歌はひとつのいいねで幸せになれる歌です」

というようなことをおっしゃっていました。

自身の歌の解説をこのようにするのもなんだか素敵だなと思いました。

 

お気に入りをもうひとつ。

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ

俵万智『サラダ記念日』(河出文庫)p20

マイナス×マイナスがプラスになることを文学的に表現するとこんな感じになるのかなと思います。

 

最後はこちら

思い出はミックスベジタブルのよう けれど解凍してはいけない

俵万智『サラダ記念日』(河出文庫)p111

色とりどりの華やかな思い出はそっとそのまま取っておくのが良いのですね。

 

短歌は31文字なので読み手の想像力が掻き立てられます。

お気に入りの歌があったらぜひ教えてください。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


後藤武士『これ一冊で必ず国語読解力がつく本』(宝島社)

第92回 読書会「本の話をしよう」開催報告!

関連記事

  1. 『空が青いから白をえらんだのです』で言葉の力を感…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 表現する手段に制限をかける

    旅の楽しみの一つは本屋さんに行くことです。新刊書店でも古本屋さんでも構い…

  3. 言葉をそのまま受け取る

    今回紹介する本は、木下龍也さんの『オールアラウンドユー』(ナナロク社)です。…

  4. 言葉を心で感じる

    わたしは旅に出るのが好きです。まとまった休みをなかなか取れないので、取れ…

  5. 谷川俊太郎『詩ってなんだろう』(ちくま文庫)

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  6. 高村光太郎『高村光太郎詩集』(岩波文庫)

    今回紹介する本は、高村光太郎『高村光太郎詩集』(岩波文庫)です。&nbs…

  7. 岡本雄矢『全員がサラダバーに行ってる時に全部のカ…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  8. 葉祥明『しあわせの小径』(日本標準)

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

Twitter でフォロー

PAGE TOP