書くことで内省を深める

頭に残って離れない言葉ってありますよね?

ありますよね? と言うよりも出会ってしまいました。

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

伊坂幸太郎「3652」の中の1つです。

大江健三郎の言葉

それは

叫ぶ、叫ぶとき、叫べば、叫べ

です。

このタイトルの語呂の良さがなんとも言えず、頭の中で繰り返してしまっています。

 

そのエッセイは大江健三郎「叫び声」を題材にしています。

これをきっかけに伊坂氏は読書が好きになったと書いています。

 

ジャーナリング

私は最近ジャーナリングと言う「書く瞑想」をやっています。

 

それは誰かに向けて文章書いているわけではありません。

自分の頭の中を整理してモーニングページとして書いています。

 

伊坂氏はエッセイの中で言いたい明確なメッセージがあるわけでは無いけれど、読んでおしまいでも寂しいと言うことを書いています。

 

考えのもとになる部分が作家さんとは差があると思いますが、私の書くスタンスとしては「書きたい」からです。

それは単なる自己満足の日記なのかもしれません。

でも自分の強みである内省を生かすためにやった文章が誰かの心に響たら素敵だなと言う妄想膨らませてみたりするのです。

手書きが好き

私は手で書くのが好きです。

でもきれいな字を書けるわけではないので、そのまま文章アップするだけでは読みにくいです。

 

そこで私は書いた文章を音声入力で取り込み、手直しをしてアップすることにしました。

自分の文章を声に出して読んでみると、わかるリズムと言うものがあります。

 

声に出して読みにくい時は字面を眺めても頭になかなか残りにくいです。

 

アイキャッチ画像もすぐに写真として文章の一部を使えばそれらしくなってくるような気がしています。

 

確かに手間のかかる作業なのかもしれません。

でも、最近の私はこのようにして書くことを楽しんでいます。

 

村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」の書き写しも継続中です。

今日の本

エッセイは作家さんの思いが
ダイレクトに表現されているので好きです。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


相手の想像を超えるサービスを提供するために

うお座の思考?なんのために働くか?

関連記事

  1. アビダルマ仏教の教え〜時間は未来から過去に流れる…

    本を読むと色々な思想に触れることができるので面白いです。今日はその中から…

  2. 大切なのは早起きをして何をするか

    最近は5時前に目がさめることが多いです。若干睡眠時間が短めな感じがします…

  3. 思いを届ける。

    多分、何を書くより何を相手に届けたいかを考える方が大切な気がする。多分、…

  4. 毎日、早起きチャレンジ!

    気分の波を感じながら日々生活を送っています。仕方がないところもありますが…

  5. コミュニティラジオに出演します!

    5月5日(土) 13時頃から三角山放送局リレーエッセイ「読書キャンパス」に出…

  6. 本を生かすためには

    本はたくさんのことを教えてくれます。それは、本を書いているのが人なので人…

  7. 正しいと思ったことをする。

    札幌ゼロ読書会主催の井田です。何を書いたらいいのか、そもそも書くのが正…

  8. 友遠方より来る

    昨日は朝の9時から友達と待ち合わせをして、カフェでのんびりと話をしました。…

Twitter でフォロー

PAGE TOP