「あの時に戻れたら」と後悔しない生き方をする

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今日は仕事がお休みでした。

のんびりと本を読み、二週間後の読書会で何を紹介しようかなと少しずつ考え始めています。

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

しるし本の紹介

しるし書店に新たに出品した本を紹介しようと思います。

わたしは20代後半の男性です。

あの頃に戻ってやり直したいなと思うことはありますか?

わたしはあります。

大学受験の失敗と一浪して入った大学もやむを得ない事情で中退したことです。

その幾らか前の段階にいってやり直すことができたら結果が変わるのかは、もちろんわかりません。

やり直すことができても今と同じ人生をたどることになる可能性もあります。

何か極端にAが良いのか、Bが良いのかで悩むというよりも、一連の流れの中の一部をやり直したい感覚なので、どうこう対処できる問題ではないのかなと思います。

 

そうであるならば、過去に執着することなく、今は大切に生きることが大切なのではないでしょうか?

20代という無限の可能性がある時期、人生100年時代を迎える中でどのように生きていくべきかを考えていく必要があります。

その20代の今にやっておきたいことが詰まった一冊です。

 

自分自身、今は力を蓄えている時期なのかなと感じる時があります。

そう感じることのある、学び、悩み、模索をしている人の手にこの本が渡るといいなと思っています。

他の仕事論、生き方論の本に書いてあることも多いので、この本に書かれていることが決して特別ということはありません。

でも、20代とピンポイントでターゲット化されているとどうしても、読まなきゃと思ってしまいます。

 

ちなみにこの本を知ったきっかけは友達の主催する勉強会「ゼロ会」でした。

自分の読書会もそういうきっかけになるような会にしたいと思っています。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


自分の強みを提供するためには

好きを仕事にするために

関連記事

  1. 夏目漱石『硝子戸の中』から学ぶ死生観

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  2. 朝に書くという習慣

    わたしは思考の整理のために朝に書くということをしています。札幌で読書会を…

  3. 「わたしだけのおいしいカレーを作るために」は哲学…

    以前読書会で紹介した本を今日は紹介します。その時にどのような紹介をしたか…

  4. 好きなことをやるのではなく、嫌なことはやめるとい…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  5. 松浦弥太郎さんから考える、「ていねいな暮らし」と…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  6. 筒井康隆『時をかける少女』は時をかけて読まれる小…

    時をかけて読まれる小説札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開…

  7. わたしの読書習慣を変えた1冊。

    朝起きたら、外が白かったです。とうとう冬のシーズン突入といった感じです。…

  8. 本は、時空を超える

    体調もいい時もあれば、よくない時もある。ということでよくないと感じるときも…

Twitter でフォロー

PAGE TOP