その本は本当に読みたいですか?

イベント情報

読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

毎日のように本を読んでいます。

読んでいて徐々に終わりが近づくと、もう少しで読み終わってしまうなとかどんな結末が待っているのだろうと考えます。

読み終えたら感想を書いたりまとめたりとアウトプットをするようにしています。

そして次の本を選びます。

次に読む本を選ぶときに意識しているのは、本当に読みたい本かということです。

わたしの2020年の読書量は170冊でした。

一年間に約8万冊もの本が刊行されていると言われています。

もし、目の前の本が本当に読みたい本でなければ、単純にその時間はとてももったいなと思いませんか?

本を手に取り、目の前に置いたときに「それは本当に読みたい本か?」と自問してみましょう。

答えがYESならぜひ読み進めましょう。

YESと言えないなら積んでおきましょう。

 

読みたくない本に時間を使うほど人生は長くありません。

次に読む本がいつだって自分史上最高の本であってほしいと願っています。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




書いている人


「ツリーハウス図書館*HONTOKI」に行ってきました。

気持ちのいい挨拶を心がける

関連記事

  1. 読書会はいつから始まっているのか?

    明日は読書会です。お久しぶりの対面です。密を防ぐために人数は減らしてい…

  2. 本を読む目的はなんですか?

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。本を…

  3. 本はいつでも誰かを救ってくれる

    「どうやったら本を使ったビジネスが展開できるでしょうか?」以前このような…

  4. 着る服を選ぶように書評をします。

    「今日は何を着て行こうかな」と迷うことはありますか?学生時代であれば制服…

  5. 読書会の始め方

    人気検索キーワードを眺めていたら「札幌ゼロ読書界」というものがありました。…

  6. ちゃんと本を読む時間とってますか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカ…

  7. どんな読書会をやっているのか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、…

  8. 速読って本当に必要ですか?

    速く本を読めるようになりたいという人はたくさんいらっしゃると思います。実…

Twitter でフォロー

PAGE TOP