読書会はいつから始まっているのか?

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで癒しと安らぎを与える読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

今日のブログはhiralayaでも同じ内容を喋りました。

この記事を書いている翌日は久しぶりの対面での読書会です。

ありがたいことに早くに満員となり、現在はキャンセル待ちの方も数名いらっしゃいます。

とてもうれしく思います。

 

今日書きたいなと思ったことは「読書会はいつ始まっているのか?」ということです。

何を言っているんだという方もいらっしゃるかもしれません。

会としては主宰のわたしが「それではお時間になりましたので始めましょう!」と言った瞬間です。

本の紹介交流を楽しむ「本の話をしよう」では当然のように本の紹介をするわけです。

じゃあその本を決めている段階から読書会は始まっているのではないかと思います。

もっと言えばその本を読んでいる瞬間、さらにその本を読もうと思った瞬間から始まっていると言っても決して過言ではないように思います。

 

好きなように自分の好きな本を紹介する時間を5分もらって適当に使う人はいないと思います。

(うまく紹介できなかったと感じるのとは別です)

 

これから読む本もきっと読書会で紹介したくなるくらい好きな本だといいなと思いながら本を読むのもなかなか楽しいです。

やはり本を読んだらアウトプットを意識することが大切ですね。

 

これからは世間の状況を考慮しながら対面とオンラインで読書会を開催していきます。

不安だなぁという方もしっかりサポートしますのでぜひお待ちしております!

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


「ヒマラヤ」始めます。〜ラジオの可能性を考える〜

瀧本哲史『2020年6月30日にまたここで会おう』

関連記事

  1. 本に向き合うことは著者と向き合うこと

    毎日のように本を読むのは本から計り知れない恩恵を受けることができることを日々…

  2. 読め読めハラスメントに注意!

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 本は直感で選んでみるのもおすすめ

    先日お話をしていてこのようなことを聞かれました。「井田くんはどんな基準で…

  4. 電子書籍と紙の本どっちを使いますか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰をしています、読書セラ…

  5. 自分にとって最適な読書環境を見つける

    あなたはいつ本を読んでいますか?今回は「本を読む環境」について書いていき…

  6. 本の帯どうしてますか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 渾身の一行を求める名言コレクター

    こういう本の読み方があってもいいんじゃないの? というお話です。札幌で「…

  8. その本は本当に読みたいですか?

    毎日のように本を読んでいます。読んでいて徐々に終わりが近づくと、もう少し…

Twitter でフォロー

PAGE TOP