瀧本哲史『2020年6月30日にまたここで会おう』

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

 

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで癒しと安らぎを与える読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

2020/07/10の読書会で紹介した、瀧本哲史『2020年6月30日にまたここで会おう』について書きます。

himalayaで紹介したときの音声もありますので、そちらも聴いてみてください。

筆者は瀧本哲史さんです。

麻生高校を卒業し、東京大学法学部へ。大学院をスキップして助手となったものの、マッキンゼーに転職し、3年で独立。エンゼル投資家、京都大学客員准教授として活躍をされていました。

この本は東京大学の伊藤謝恩ホールでの若者を応援する熱いメッセージが込められています。

 

感想としてはとにかく熱い講演でキレっキレだなぁという感じでした。

できれば本当にその場に居たかったです。

本の端を折りまくりました。

話の熱量そのまま伝わってくる感じで、編集の力もすごいんじゃないかと思います。

 

メッセージは「これからの社会をつくるのは若者である」ということです。

だから若者を応援すると。

そのための武器は「自分で決断をする」ということです。

 

この講演が行われたのは2012年6月30日でした。

未来に期待した答え合わせとして、8年後の2020年6月30日に「また会いましょう」と言います。

イベントがあったかはわかりませんが、その場に瀧本哲史さんは居ませんでした。

2019年8月10日に病でお亡くなりになったからです。

 

存命だったらどんな言葉をかけてくれたのかなと思ってしまいます。

でも、その意志は受け継ぎこれからも生きていくことができるのではないかと思っています。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声プラットフォームHimalayaでもお話ししています

書いている人


読書会はいつから始まっているのか?

どんな読書会をやっているのか?

関連記事

  1. 『終末のフール』から学ぶ、明日死ぬとしても後悔し…

    わたしが文章を書こうと思ったときはさて何を書こうから始まります。札幌で読…

  2. 「目的のための手段におぼれるな」

    やりたいことを考えている瞬間がとてもワクワクするので好きです。美味しいも…

  3. 松浦弥太郎さんから考える、「ていねいな暮らし」と…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 坪倉優介『記憶喪失になったぼくが見た世界』で、感…

    第56回 札幌ゼロ読書会「本の話をしよう」を開催しました!わたしが紹…

  5. 世の中は仮説だらけ⁈

    第39回 読書会「本の話をしよう」で私が紹介した本の紹介です。札幌で…

  6. 毎日が挑戦! 早起きチャレンジ!

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカ…

  7. YUIさんの柔張るという生き方

    2020年2月21日に開催した第49回「本の話をしよう」@Brown Boo…

  8. 新学期にオススメの本、3冊!

    動画でもまとめています新学期といってももう4月も半ばですが………

Twitter でフォロー

PAGE TOP