読書によって何を得たいのか?

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

 

なんのために本を読んでいますか?

とてもシンプルな質問ですが明確な答えを持ち合わせている人というのは案外少ないんじゃないかと思っています。

 

本と一言に言っても様々なものがあります。

小説はもちろんのこと、ビジネス書、自己啓発本や教科書なんかももちろん本です。

漫画や写真集もそうですし、最近では電子書籍という紙の姿をしていないものも書籍として扱われるようになりました。

音声で楽しむオーディオブックというものもありますよね?

 

「月に○冊以上本を読んでいます」や「読書をすれば上位○%に入れます」というのをアピールされてしまうと、本の魅力は人それぞれでありあり、それが全てではないよねとわたしは思ってしまいます。

 

本というのは小さな種だと思っています。

日々生活する中で自分の中の土壌を耕します。

そしてそこに本という種を植えます。

すくすくと育ってすぐに実になる場合もありますし、忘れた頃にやってくる場合もあります。

一方で全く芽すら出なかったなんてこともあるかもしれません。

でも、読んだ経験というものはいつかどこかで役に立ってくれる。

本というのはそういう存在だと思っています。

 

読みたいなという本に出合ったら、その本から何を得たいのか一度考えてみてください。

小説なら「楽しみたい」というラフな気持ちでも結構です。

ハウツー本ならより具体的にイメージをして見てください。

そうすることで少しでも吸収力がアップするように思います。

 

本に限らずですが目的を明確にすることでなんとなく読むことを避けることができるのでオススメです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


映画『TOVE / トーベ』を観ました

永田希『積読こそが完全な読書術である』(イースト・プレス)

関連記事

  1. 本に向き合えば、次に読む本は見えてくる。

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 本は何回読んでいますか?

    本は何度も触れることで血となり肉となるんじゃないかというお話をします。「…

  3. 時間がないなら本を読んでみては?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 本選びは友だちと仲良くなる感覚で

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 歴史小説が苦手だけれども、

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  6. 文庫化までの時間を買いましょう

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. なるべく著者の近いもので教わる

    なるべく著書の近くで教わるのが大切だと思っています。「本を語る、人と繋が…

  8. 小説を人生にどう生かすか?

    小説を読み終わりました。いい小説に巡り会えたなと感じるときほど嬉しいこと…

Twitter でフォロー

PAGE TOP