本の感想の伝え方

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

本を読んだらアウトプットすることが大切ということはこのブログでも自分の経験からも伝えたいことです。

具体的にどうしたらいいかということについて書いていきます。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

 

一番簡単なのはSNSに投稿することです。

ハッシュタグを使わなくてもしっかりと著者名、本のタイトルと出版社の三つを入れておけば、エゴサーチをしている方なら発見してくれると思います。

著者まで届かなくても出版社の編集部のアカウントから反応がもらえることがあるので、本を作る側の方まで届いているんじゃないかと思います。

 

著者プロフィールにメールアドレスを載せている方にはメールを直接送るのもおすすめです。

わざわざ載せるということは待っているという証拠ではないでしょうか?

 

わたしは複写はがきの控えを使って、手書きでお葉書を描くのが好きです。

本の奥付には出版社の住所が載っています。

ここに送ります。

著者さんは出版社の編集部に属しているわけではないので、宛名のところを「〇〇出版編集部気付 『本のタイトル』〇〇様」にしています。

もらった方がわたしにわかるようにSNSにあげられたこともあります。

 

ブログの毎日更新を続けています。

追いかけている数字は日々のアクセス数が基本です。

読んでいただいた方がどう思ったかは基本的にはわかりません。

だからこそ直接のお声というのはとてもうれしいものです。

なのでわたしは些細なことでも著者の方へ本を読んだ感想を届けたいと思います。

 

ブログを読んでの感想をいただけるととてもうれしいです。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


理想の自分で行動する

誰かを傷つけることで幸せにならない

関連記事

  1. 本はいつでも誰かを救ってくれる

    「どうやったら本を使ったビジネスが展開できるでしょうか?」以前このような…

  2. 4月23日は「世界本の日」、本を読もう

    4月23日は「本の日」には本を読もう今日は世界本の日です。「本の日」…

  3. 読書会に何を求めるのか?

    先日、北海道新聞の『人トーク』に読書会主宰者として紹介いただきました。…

  4. 本と映画、どっちが先?

    本と映画どっちが先がいいか問題というのがあります。ない! という方はいま…

  5. 読書会には思いがけない本の出合いがあるかもしれな…

    読書会を運営するようになってから4年が経ちました。色々な人と本との出合い…

  6. 読書と投球術の関係

    昔話をちょこっとします。兄の影響で小学2年生から野球をはじめました。…

  7. 本は直感で選んでみるのもおすすめ

    先日お話をしていてこのようなことを聞かれました。「井田くんはどんな基準で…

  8. ベストセラーは読んでもいい

    「本を選ぶ基準ってありますか?」今回は私なりの本を選ぶ基準の一つを紹介し…

Twitter でフォロー

PAGE TOP