本の感想の伝え方

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

本を読んだらアウトプットすることが大切ということはこのブログでも自分の経験からも伝えたいことです。

具体的にどうしたらいいかということについて書いていきます。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

 

一番簡単なのはSNSに投稿することです。

ハッシュタグを使わなくてもしっかりと著者名、本のタイトルと出版社の三つを入れておけば、エゴサーチをしている方なら発見してくれると思います。

著者まで届かなくても出版社の編集部のアカウントから反応がもらえることがあるので、本を作る側の方まで届いているんじゃないかと思います。

 

著者プロフィールにメールアドレスを載せている方にはメールを直接送るのもおすすめです。

わざわざ載せるということは待っているという証拠ではないでしょうか?

 

わたしは複写はがきの控えを使って、手書きでお葉書を描くのが好きです。

本の奥付には出版社の住所が載っています。

ここに送ります。

著者さんは出版社の編集部に属しているわけではないので、宛名のところを「〇〇出版編集部気付 『本のタイトル』〇〇様」にしています。

もらった方がわたしにわかるようにSNSにあげられたこともあります。

 

ブログの毎日更新を続けています。

追いかけている数字は日々のアクセス数が基本です。

読んでいただいた方がどう思ったかは基本的にはわかりません。

だからこそ直接のお声というのはとてもうれしいものです。

なのでわたしは些細なことでも著者の方へ本を読んだ感想を届けたいと思います。

 

ブログを読んでの感想をいただけるととてもうれしいです。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


理想の自分で行動する

誰かを傷つけることで幸せにならない

関連記事

  1. 本と映画、どっちが先?

    本と映画どっちが先がいいか問題というのがあります。ない! という方はいま…

  2. いつか点と点がつながる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 目的をはっきりさせた後にすること

    前回の続きです。前回は本をやみくもに読むのではなく、まずどの本を読む目標…

  4. どんな読書会をやっているのか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、…

  5. 本好きの輪を広げるために

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 未来の自分に向けての読書感想文

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 名言を探すように読んでみるのもあり

    こんな小説の読み方があってもいいんじゃないかということについて書いていきます…

  8. 速読って本当に必要ですか?

    速く本を読めるようになりたいという人はたくさんいらっしゃると思います。実…

Twitter でフォロー

PAGE TOP