渾身の一行を求める名言コレクター

こういう本の読み方があってもいいんじゃないの? というお話です。

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

あなたはどのように本を読んでいるでしょうか?

最初にページからていねいに読み飛ばすことなく読んでいるでしょうか?

日本の国語教育の弊害とも言われますが、それも1つの読み方です。

ここ最近のわたしはフォトリーディングという読書法をメインに活用しています。

無意識的な領域である潜在意識を活用すると言われているので、実際の効果を測定するのはなかなかむずかしいですが楽しんでやっています。

本を読むというよりも眺めるような感覚が入ってくるのですが、印象的な言葉というのは文章の方からここが大事だよと語りかけてくれるような感覚になるのです。

わたしのストレングスファインダーの強みとなる資質の上位に収集心が上がっています。

名言コレクターのように良い文と思ったものは手帳に書き残しています。

文の意味というのは文章という枠の中で成立するものが多いです。

例えば、イチロー選手が、「大きな成果を生むには小さな積み重ねが大切だ」というのと、どこぞの知らない青年がいうのでは全く違います。

 

自分にとっての渾身の一業を求めて本を読むというのが面白いです。

毎朝7時にTwitterで投稿していますのでぜひのぞいてみてください。

こんな感じです。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


本はいつでも誰かを救ってくれる

松浦弥太郎さんから学ぶ「自分株式会社」の経営哲学

関連記事

  1. 本選びは友だちと仲良くなる感覚で

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. やっぱり本屋さんが好き。

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 行かない本棚にも寄ってみる

    先日の読書会のフリートークで「本屋さんで普段行かない本棚は?」という話になり…

  4. 本は汚して読んでもいい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 本の価値が決まるのは値段なのか?

    あなたは何を基準に本の価値を測っているでしょうか?本の値段と価値について…

  6. もしかしたらを考えてみる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 目的をはっきりさせた後にすること

    前回の続きです。前回は本をやみくもに読むのではなく、まずどの本を読む目標…

  8. 人に本を紹介してもらう意味は何なのか?

    毎月2〜3回くらい読書会を開催しています。これまで本の紹介型の「本の話を…

Twitter でフォロー

PAGE TOP