本は汚して読んでもいい

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、「本への書き込み」です。

先日、このようなツイートをしました。

あなたはどのように本を読んでいるでしょうか?

そもそもどんな選択肢があるのかという疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

私はページの角を折り、3色ボールペンで書き込みをしたりしながら、言わば本を汚しながら読んでいます。

もちろん図書館から借りた場合などはそういうことをすると次の方が困るのでしませんが、自分一人で読む分に関してはどんどん汚して読むようにしています。

たしかに、本をきれいに読んで後でできるだけ高く売れるようにするという考え方は一理あると思います。

それよりも自分の愛着のある本にしてふと思い出したときに手に取り、振り返りやすい状態にしておくほうがわたしには合っています。

書き込みをしたからといって理解度が高くなるのかは自分自身正直言ってよくわかっていません。

それでも誠心誠意を込めて本と対峙をすることが自分の血とし肉とするために大切なことだと思っています。

友だちから借りた本には付箋紙を貼るようにしています。

そうすると心に響いたところを直接相手に伝えることができるのでおすすめです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


低空飛行で飛び続ける

目の前の本をもっと楽しもう!

関連記事

  1. 何を持って本は読んだと言えるのか?

    コロナウイルスの影響で家でのんびりする時間が多くなっているという方も多くなっ…

  2. もしかしたらを考えてみる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 本と映画、どっちが先?

    本と映画どっちが先がいいか問題というのがあります。ない! という方はいま…

  4. 読みたい本をこれからも読みたい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 読書と投球術の関係

    昔話をちょこっとします。兄の影響で小学2年生から野球をはじめました。…

  6. 本はいつでも誰かを救ってくれる

    「どうやったら本を使ったビジネスが展開できるでしょうか?」以前このような…

  7. 面白い本との出合い方

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 情報は相手に届いてこそ意味がある

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP