本に向き合えば、次に読む本は見えてくる。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、「選書」についてです。

先日、このようなツイートをしました。

わたしは本を読み終えたらアウトプットの一貫として感想を書くようにしています。

ベースはInstagramへの投稿です。

字数は気にせずに読んだ感想をそのままに一筆書きのように書くようにしています。

読み終えて少し時間をあけて紹介したいと思える本に関してはこのブログで紹介をするようにしています。

 

積読は常時30冊くらいあるので読む本に困ることはありません。

本を読んでいて終盤に入ってくるとどんな感想を書こうかなと考えたりすることもあります。

でも、あまり本の感想を書くことを目的にしてしまうとその本への没入感みたいなものが減ってしまうような気がしています。

 

今読んでいる目の前の本にしっかりと集中することが次に読むべき本に出合う最善の策だと思っています。

小説を読んで面白かったら同じ著書の本を読んでみるのもいいでしょうし、ジャンルで繋がるのもいいかもしれません。

もしくは正反対のジャンルを考えてみて本屋さんで探してみるのもいいかもしれません。

 

一冊の本にしっかりと向き合えば自然と次に読むべき本は見つかるんじゃないかと言うお話でした。

ヒントを得たいという方は選書相談も行なっていますのでお気軽にお問い合わせください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


重松清『カレーライス 教室で出会った重松清』(新潮文庫)

村上春樹『風の歌を聴け』(講談社文庫)

関連記事

  1. 本と映画、どっちが先?

    本と映画どっちが先がいいか問題というのがあります。ない! という方はいま…

  2. 時間がないから本が読めないのではなく、本を読まな…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  3. 読書の心構えは、「十を読んで一を知る」。

    読書の心構えは、「十を読んで一を知る」。コロナウイルスによる緊急事態宣言…

  4. 読書と投球術の関係

    昔話をちょこっとします。兄の影響で小学2年生から野球をはじめました。…

  5. 本をどうやって読みますか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  6. 本を貸す前にしておきたいこと

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書…

  7. 本棚はその人の志を表す

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 本の価値が決まるのは値段なのか?

    あなたは何を基準に本の価値を測っているでしょうか?本の値段と価値について…

Twitter でフォロー

PAGE TOP