誰かを傷つけることで幸せにならない

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

人なのでパーフェクトな毎日を過ごせるわけでも失言をしないでいるわけではないと思っています。

それでも、誰かを傷つけることで自分が幸せになろうと思ったり、優位に立とうと思うのは違うんじゃないかと思います。

 

先日、そこまで意識をして使い分けたわけではなかった言葉のニュアンスで意見をいただきました。

確かにその通りだと思ったので、確かにそのほうがいいなというところについては認めました。

だけど、さらに詮索をするように情報を見ているような感じがして少しこわい感じがありました。

 

文字でのコミュニケーションは正直難しいです。

あs発言者のそのままの温度感を測るのは正直むずかしいです。

だからこそ言葉ひとつひとつの選択を慎重にしなければいけないと学習をした出来事でもありました。

 

誰かを傷つけることで幸せにならない、というのはわたしが大切にしている考え方の一つです。

言葉は人を傷つけることも助けることもできる武器になります。

大切に使いたいですね!

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


本の感想の伝え方

仕事は誰かの役に立つこと

関連記事

  1. 目的思考で生きる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 学びとエンタメの境界線

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 知識はクルマ

    今日は何を書こうかなと、昨日の夜から悩んでいるので「書く」ことについて書いて…

  4. アイデアはメモをする。役に立たなくても良い。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. キャッチボールと文章

    「これからは個の力が求められる時代だ」「終身雇用の時代は終わりを迎える」「人…

  6. どうやったら習慣化し継続できるのか

    良いと思って始めたこともなかなか続かないという方も多いかと思います。習慣…

  7. 生きるとは、今を大切にすること

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. 読書の良さを伝え続けたい

    コロナ、コロナ、口を開けば、コロナウイルス。「コロナ」という名称が仲のい…

Twitter でフォロー

PAGE TOP