仕事は誰かの役に立つこと

まさに今は激動の世の中です。

デジタル化が進み、新型コロナウイルスの流行により一気に生活様式の変化に迫られる部分も出てきています。

だからこそ自分なりの考え方の軸を持っておく必要があります。

 

何を持って仕事と呼ぶかに関してはわたしの中には絶対的な答えがあります。

それは、「仕事とは誰かの役に立つこと」というものです。

ここにお金の発生は関係ありません。

自分の行った行動が誰かの役にたてばそれは仕事です。

結果としてお金をもらえるものもあります。

ボランティアのように無償のものも仕事としています。

この価値観は植松努さんの『空想教室』と両親の働き方に影響を受けているのかなと思います。

価値観が多様になっている今の時代だからこそ自分なりの定義を考えてみるのがいいかもしれませんね。

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


誰かを傷つけることで幸せにならない

小川奈緒/小池高弘『心地よさのありか』

関連記事

  1. わたしが日記で書いているふたつのこと

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  2. 昨日の話の続きができるように

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. モノの見方を変えてみる

    毎日ブログを更新することを目標にしています。札幌で読書会をやってます、井…

  4. オンラインコミュニティの可能性を探る

    いつもありがとうございます。対面での読書会がなかなか開催できない状況です…

  5. 本を通して、自分を見つめる読書会に。

    札幌もだいぶ寒くなってきましたね。わたしの部屋の温度は10度になっていま…

  6. 本棚の10冊で〇〇を表現してみます

    「本棚の10冊で自分を表現する」というのをやりました。これって色々応用で…

  7. 1%のひらめきって大事!

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 読書の魅力を伝えたい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP