ジェームズ・W・ヤング『アイデアのつくり方』(CCCメディアハウス)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

YouTubeフジモトのカクロンチャンネルで紹介した本について書きます。

今回紹介した本は、ジェームズ・W・ヤング『アイデアのつくり方』(CCCメディアハウス)でした。

著者のジェームズ・W・ヤングさんはアメリカ広告代理教会会長も歴任されています。

いわば広告のプロとも言える存在の方なのかもしれません。

広告にはやはりアイデアが必要で説得力がありそうです。

タイトル通り「アイデアのつくり方」についてシンプルに書かれた本であり、100ページちょっとで書かれており無駄なところがありません。

1988年に初版となっており、わたしが購入したもので2017年第71刷となっていました。

なかなかのロングセラーです。

 

無駄ない本なのですぐに読めてしまいます。

アイデアとは、既存の要素の組み合わせでしかないと書かれています。

アイデアには五つの段階があります。

  1. データ(資料)集め
  2. データの咀嚼
  3. データの組み合わせ
  4. ユーレカ(発見した!)
  5. アイデアのチェック

の以上です。

どうすればいいということについては詳しく書かれてはいないので今この五つの段階でどこにあるのかなと意識することが大切かと思います。

 

ものや情報があふれる世の中でいかに商品を売ったり、自分の主張を相手に伝えるかにはやはりアイデアが大切になってきます。

定期的に再読をしたい一冊です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

わたしは思考を話してアイデアをもらうことが多いです。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


北海道若獅子の会2021年6月に参加をしました。

浮かんでは消える思考のように

関連記事

  1. 目的思考で生きる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 学びとエンタメの境界線

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 知識はクルマ

    今日は何を書こうかなと、昨日の夜から悩んでいるので「書く」ことについて書いて…

  4. アイデアはメモをする。役に立たなくても良い。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. キャッチボールと文章

    「これからは個の力が求められる時代だ」「終身雇用の時代は終わりを迎える」「人…

  6. どうやったら習慣化し継続できるのか

    良いと思って始めたこともなかなか続かないという方も多いかと思います。習慣…

  7. 生きるとは、今を大切にすること

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. 読書の良さを伝え続けたい

    コロナ、コロナ、口を開けば、コロナウイルス。「コロナ」という名称が仲のい…

Twitter でフォロー

PAGE TOP