過程を楽しんでみよう

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは「本は読む過程も楽しみましょう」というお話です。

ちょっとわたしの昔話をします。

わたしは高校時代に山岳部に所属をしていました。

それまでは山登りのことを考えたことは一切なく、高校の入学式のときに玄関に入るまでのビラ配りで最後にもらったのが山岳部でそこで興味をもったのがきっかけでした。

休日に顧問の先生に連れて行ってもらって山に登るのですが、最初のうちは結構キツかったです。

何が楽しいかもわからなければ、山てっぺんからの景色に特別感動した記憶もありませんでした。

それでも、少しずつ慣れてくるとこんな植物が咲いているんだとか余裕をもって登れるようになると景色も楽しめるようになりました。

登山の目標は山のてっぺんに着くことだとしても、そこに行くまでの「登る」という過程がキツいものだと何も楽しくありません。

それと同じように本を読むという行為を最後のページまで読み切るということだけを目標にしてしまうと味気ないものになってしまわないでしょうか?

読んでいるときも様々な感情が揺り動かされてページをめくる手が止まらないという経験をしたいものです。

そのためにはまずは自分が読みたい本を読むことです。

そして、違うなと思ったらレベルを考えて調整してみるのがいいんじゃないかと思います。

(eye catching photo by chiho)

 

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


言葉を尽くして語りたい

どっちも本業で勝負する

関連記事

  1. 応援され、応援する読書会を目指して。

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。今年…

  2. 小さな一歩を大切にする

    量が質を生む「量が質を生み出す」と言われます。量が先ということなので…

  3. カラダと脳の使うバランスを考えてみる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. わたしが日記で書いているふたつのこと

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 続けられる方法で続ける

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 気分の波を乗りこなす

    わたしはおそらく他の人に比べて気分の波が大きいです。それは双極性障害をも…

  7. どうやったら習慣化し継続できるのか

    良いと思って始めたこともなかなか続かないという方も多いかと思います。習慣…

  8. ヨットは風を利用して前に進む

    わたしは平日休みです。お休みの前の夜というのがとても好きです。夜更か…

Twitter でフォロー

PAGE TOP