行き先は誰も知らない

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

先日のお話です。

朝目覚めてカーテンを開けると目下にキツネがいました。

昔、住んでいたところの近くで見かけたことはありましたが、札幌で見ることがあるとは思っていなかったのでとても驚きました。

珍しいこともあるのだなと思いましたが、先日は市街地に熊がやってきたことを考えるとそこまで不思議な出来事ではないのかもしれませんね。

 

朝からキツネをみて考えたことがあります。

それは、彼(もしくは彼女)はどこから来てどこへ向かうのかということです。

山からやってきたことは想像できますが、産卵のときにふるさとの川に戻ってくる鮭のような特性を持っているようには思えません。

でも、こうしてわたしの目の前に現れたわけです。

元の場所に戻らないかもと考えると次はどこに向かうのかです。

実際、写真をパシャパシャと撮ったのちにキツネはどこかへと走り出しました。

人間に危害を加えたらハンターに仕留められてしまうかもしれません。

自然の中で生きてきたのにいく先を間違えたばかり、人間のシステムに巻き込まれてしまうのはなんだか可哀想であり、危害があるにせよ全体として人間の身勝手さを考えてしまいます。

北海道は多くの地が森で囲まれています。

住まわせてもらっているのはむしろ人間のほうであり都合よくしすぎていないかは考えていかなければいけないことなんじゃないかなと、ちょっと想像を膨らませてみました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


2021年6月に読んだ本

走るときに何を考えているのか?

関連記事

  1. 目的思考で生きる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 学びとエンタメの境界線

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 知識はクルマ

    今日は何を書こうかなと、昨日の夜から悩んでいるので「書く」ことについて書いて…

  4. アイデアはメモをする。役に立たなくても良い。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. キャッチボールと文章

    「これからは個の力が求められる時代だ」「終身雇用の時代は終わりを迎える」「人…

  6. どうやったら習慣化し継続できるのか

    良いと思って始めたこともなかなか続かないという方も多いかと思います。習慣…

  7. 生きるとは、今を大切にすること

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. 読書の良さを伝え続けたい

    コロナ、コロナ、口を開けば、コロナウイルス。「コロナ」という名称が仲のい…

Twitter でフォロー

PAGE TOP