行き先は誰も知らない

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

先日のお話です。

朝目覚めてカーテンを開けると目下にキツネがいました。

昔、住んでいたところの近くで見かけたことはありましたが、札幌で見ることがあるとは思っていなかったのでとても驚きました。

珍しいこともあるのだなと思いましたが、先日は市街地に熊がやってきたことを考えるとそこまで不思議な出来事ではないのかもしれませんね。

 

朝からキツネをみて考えたことがあります。

それは、彼(もしくは彼女)はどこから来てどこへ向かうのかということです。

山からやってきたことは想像できますが、産卵のときにふるさとの川に戻ってくる鮭のような特性を持っているようには思えません。

でも、こうしてわたしの目の前に現れたわけです。

元の場所に戻らないかもと考えると次はどこに向かうのかです。

実際、写真をパシャパシャと撮ったのちにキツネはどこかへと走り出しました。

人間に危害を加えたらハンターに仕留められてしまうかもしれません。

自然の中で生きてきたのにいく先を間違えたばかり、人間のシステムに巻き込まれてしまうのはなんだか可哀想であり、危害があるにせよ全体として人間の身勝手さを考えてしまいます。

北海道は多くの地が森で囲まれています。

住まわせてもらっているのはむしろ人間のほうであり都合よくしすぎていないかは考えていかなければいけないことなんじゃないかなと、ちょっと想像を膨らませてみました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


2021年6月に読んだ本

走るときに何を考えているのか?

関連記事

  1. 札幌ゼロ読書会への思い

    友達の主催するゼロ会という勉強会を通して、自分は読書会を開きたいと思って始め…

  2. 何もしないという選択肢

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 心の状態が未来を決める!

    8月29日に大嶋啓介さんの講演会に行ってきました。予祝、前祝いテーマ…

  4. 仕事は誰かの役に立つこと

    まさに今は激動の世の中です。デジタル化が進み、新型コロナウイルスの流行に…

  5. 前略、未来の自分へ

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  6. 毎日、早起きチャレンジ!

    気分の波を感じながら日々生活を送っています。仕方がないところもありますが…

  7. 表現することの原点は?

    こんな質問を頂きました。祥吾さんの表現の原点は?「本を語る、人と繋が…

  8. 私がよりよく生きるために考えたこと

    毎度同じになってしまいますが、最近は調子が良くも悪くも言えない微妙な感じの日…

Twitter でフォロー

PAGE TOP