「職業 自分」を目指して

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を入力の上ご連絡ください。

今日のブログ

読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰をしています。

 

今回は、本の紹介です。

紹介する本は、松浦弥太郎さんの『僕が考える投資について』(祥伝社)です。

YouTube『フジモトのカクロン』でも紹介をしました。

著者の松浦弥太郎さんは文筆家として活動しており、最近ではドキュメンタリー映画『場所はいつも旅先だった』で監督を務められました。

多方面にわたる活躍をされている方です。

 

この本のテーマは投資です。

そもそも投資とはなんでしょうか?

松浦さんはこう言います。

 

投資とは、「先の未来について考え、行動すること」です。

松浦弥太郎『僕が考える投資について』(祥伝社)(p12)

 

投資と言われると金融投資が思い浮かびますが、それは投資の一部でしかありません。

むしろお金よりも優先させる大事なものがあり、それは何かを考えさせてくれる一冊でした。

お金の使い方で失敗をしてしまっても、働けばまた回収することができます。

しかし、失った時間というのは戻ってくることがありません。

だから、時間をどう使うのかという視点はとても大切になってきます。

 

時間を含めて最大の投資先は自分でありたいなと感じました。

自分に投資をしておけば自分自身の価値を高めることができます。

自分が成長することが結果として誰かの役に立つことへとつながっていくと思います。

なによりこの「誰かの役に立つ」ということが仕事の本質でもあります。

 

あらゆる方面で活躍する松浦弥太郎さんですが、肩書きの理想は「職業 松浦弥太郎」とおっしゃっていました。

代わりがきく仕事ではなく、唯一無二のあなたにしかできない仕事にするために自分を高めていくことが大切なのだと学びました。

 

金融投資のテクニックの類は出てきませんが、お金との付き合い方やマインドに関することは出てきますので、ぜひ読んでみていただけるとうれしいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


働き始めて7年間

始める、続ける、止める。また始める。

関連記事

  1. 松浦弥太郎『新100のきほん 松浦弥太郎のベーシ…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  2. 松浦弥太郎『場所はいつも旅先だった』(集英社文庫…

    今回紹介する本は、松浦弥太郎さんの『場所はいつも旅先だった』(集英社文庫)で…

  3. 本に関する秘密を解き明かしたい

    わたしは文章を書くのが好きです。何かを伝えたいと思ったときに文章という手…

  4. 松浦弥太郎『くちぶえサンドイッチ』を読んで感じた…

    松浦弥太郎さんの随筆集『くちぶえサンドイッチ』を読みました。「本を語る、…

  5. 本との距離感を大切に

    暑かった夏が嘘のように札幌は涼しくなってきました。秋の夜長に読書を楽しん…

  6. 松浦弥太郎『「自分らしさ」はいらない くらしと仕…

    松浦弥太郎さんの新刊を読みましたので紹介します。「本を語る、人と繋がる」…

  7. 松浦弥太郎『あたらしいあたりまえ。』(PHP文庫…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 松浦弥太郎『松浦弥太郎の「いつも」 安心をつくる…

    今回紹介する本は、松浦弥太郎さんの『松浦弥太郎の「いつも」 安心をつくる55…

Twitter でフォロー

PAGE TOP