松浦弥太郎『なくなったら困る100のしあわせ』を読んで考えたこと。

イベント情報

読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

2020年12月28日にオンラインFacebookメッセンジャールームを使って行なった第64回「本の話をしよう」で紹介した一冊です。

紹介した動画はこちらです。

同性でありながら好きであり尊敬をしている文筆家の方です。

「100の〇〇」シリーズの最新刊となっています。

松浦さんが日々過ごす中で忘れたくないことをつづっています。

ノスタルジックな気分になり、あの頃はよかったなという感覚というわけでもなく、大切にしたいことについて書かれていました。

忙しい日常の中にも大切にしたいことを見つけていきたいと思いました。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




書いている人


2020年12月に買った本&読んだ本

何かをするのに遅すぎることはない

関連記事

  1. 岸田奈美『家族だから愛したんじゃなくて、愛したの…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本…

  2. ホームレス小谷『笑うホームレス』に学ぶ、お金に困…

    第59回「本の話をしよう」で紹介をした一冊です。紹介した動画はこちらです…

  3. 桑田真澄『試練が人を磨く』。挫折を力に変える。

    https://twitter.com/shogogo0301/status…

Twitter でフォロー

PAGE TOP