何かをするのに遅すぎることはない

人生は長いでしょうか?

それとも短いでしょうか?

始まりを選ぶこともできなければ、いつ終えるかも基本的にはわからないものです。

100年の人生を設計していても明日事故に遭って突然終わるなんてこともありえます。

年齢を重ねるとだんだん挑戦するのに億劫になることがあると思います。

そのようなときはこの中国のことわざを思い出してみるのがいいかもしれません。

木が成長するには当然時間がかかります。

実をつけるには当然時間がかかるので、育つ時間を考えて20年前に植えるべきだったとなります。

2番目は? と聞かれると今となります。

遅いと感じたからやらないのではなく、今からでも遅くないとやってみることが大切ではないでしょうか?

いつ終わりがやってくるか分からない人生だからこそ、いつ始めても遅くないの精神でどんどんチャレンジをしていきたいと思います。

アイキャッチ画像は田中達也さんの展示の写真です。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


松浦弥太郎『なくなったら困る100のしあわせ』

どうやったら習慣化し継続できるのか

関連記事

  1. 1%の努力を積み重ねる

    1日は24時間です。当たり前の話ですが、忙しい人も暇な人にも均等に24時…

  2. 小さな一歩を大切にする

    量が質を生む「量が質を生み出す」と言われます。量が先ということなので…

  3. 自分の強みを磨くための努力を続ける

    自分らしさって何でしょうね。考えれば考えるほど難しいです。自分が自分ら…

  4. 本を通して、自分を見つめる読書会に。

    札幌もだいぶ寒くなってきましたね。わたしの部屋の温度は10度になっていま…

  5. 熱い想いを秘めながら、

    先日読書会を主催している人たちの集まりに参加をしました。みなさんそれぞれ…

  6. 仕事は誰かの役に立つこと

    まさに今は激動の世の中です。デジタル化が進み、新型コロナウイルスの流行に…

  7. 誕生日はありがとうをたくさん言う日

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。誕生…

  8. 常に改善を模索し続ける

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP