どんな相手にも敬意をもって接する

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の運営をしています。

また、ブログ、SNSやポッドキャスト等の発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

今回紹介する本は、河田棧『馬語手帖 ウマと話そう』(カディブックス)です。

北海道書店ナビ「本のフルコース」で円錐書店の店主福田さんが紹介されていた一冊になります。

 

馬語をご存知でしょうか?

当然知らないと思います。

わたしも知りませんでした。

ウマは賢い生き物なので人間の指示や合図を理解することができます。

ただ、それはウマに寄り添っているかというとそう言えない場合もあると思います。

ウマとのコミュニケーションは言葉を通して行うことができないので、仕草や距離感を通して行うことになります。

一方で人間同士のコミュニケーションはどうしても言葉に頼りがちになります。

だからこそ誤解を生む場合もよくあります。

馬語を眺めているとウマは素直なのかなと思いました。

ウマのテンポに合わせて時間をかけてゆっくりと関係性を育む姿勢が大切だと感じました。

でもこれは相手がウマだから言えることではなくて人間でも同じです。

言葉の意味だけでなく、相手の表情、仕草やトーンを観察して何を言いたいのか考えることは大切ですし、忘れてはいけないことです。

河田さんは、「敬意」をもって接することが大切と言います。

相手とコミュニケーションをとるうえでは自分が上という認識は円滑に行うことを邪魔してしまうものだと感じました。

 

本の情報はこちらから!

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


知識よりも過程を大切にする

一途の愛は存在するのか

関連記事

  1. 書くことは自分との対話である

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  2. 鈴木忠平『アンビシャス 北海道にボールパークを創…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  3. 岸見一郎『ゆっくり学ぶ 人生が変わる知の作り方』…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  4. 浦野真彦『初段になるための将棋勉強法』(白夜書房…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。本の魅力や癒しの効…

  5. 稲田和浩『ゼロから分かる! 図解 落語入門』(…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  6. 石川侑輝『平均4.2ヵ月で1万フォロワーを実現す…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  7. これからも理想の本棚に囲まれた生活をしたい

    『BRUTUS No.999』(マガジンハウス)を読みました。2024 …

  8. 繁村一義(著)、酒井邦秀(監修・著)『英語多読 …

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

Twitter でフォロー

PAGE TOP