光文社文庫編集部・編『Jミステリー2022 SPRING』(光文社文庫)

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

今回紹介する本は、光文社文庫編集部・編『Jミステリー2022 SPRING』(光文社文庫)です。

 

昨年12月にした旅のお供として持参した本のうちの一冊になります。

6名の作家さんによるアンソロジー作品となっています。

一番の目当ては東野圭吾さんでしたが、どの作家さんの作品も面白く満足でした。

 

東野圭吾さんの作品で作中、登場人物に

「ミステリ小説としてはB級だが、十分に考えられることだ」

(p59)

と語らせているところがあり、小説内で出されたトリック案にB級というのはミステリ作家としてのプライドというものを感じました。

 

一番印象に残ったのは知念実希人さんの『黒猫と薔薇の折り紙』でした。

冒頭の語り手が猫から始まるあたり、夏目漱石の『吾輩は猫である』を思い浮かびました。

タイトルにもなっている薔薇の折り紙が重要な意味をもつのですが、折っているのをみたり、もらったりすることがあるのでイメージがしやすかったのも印象に残った要因かと思われます。

その作家さんしか書けないものというものがあるはずであり、医学的な知見を活かした知念さんだからこそ書ける小説なのかなと感じました。

 

ちなみに、ミステリーは素直に詮索しすぎることなく、ストーリーに乗っかって読むのをおすすめします。

そのほうがミステリーの謎が解明されたときの驚きを素直に味わうことができるように思います。

まず作風を味わいたいときにはやはりアンソロジーがおすすめです。

ぜひ、手に取ってみてください。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


サン=テグジュペリ 河野万里子 訳『星の王子さま』(新潮文庫)&課題本読書会レポート

習慣を見直しながら続けていく

関連記事

  1. 吉田修一『おかえり横道世之介』(中公文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  2. 中脇初枝『きみはいい子』(ポプラ文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  3. 故郷とはそこにあるもの

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  4. サン=テグジュペリ 河野万里子 訳『星の王子さま…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  5. 立川談四楼『ファイティング寿限無』(祥伝社文庫)…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  6. 【精神疾患の世界を覗いてみる】ニール・シャスタマ…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 吉田修一『横道世之介』(文春文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  8. 東山彰良『僕が殺した人と僕を殺した人』(文春文庫…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

Twitter でフォロー

PAGE TOP