原田マハ『生きるぼくら』(徳間文庫)

読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰をしています。

今回は、本の紹介です。

紹介する本は、原田マハさんの『生きるぼくら』(徳間文庫)です。

 

いわた書店の一万円選書のご縁で読みました。

一度読んだことはあったのですが、読むとおにぎりを食べたくなるくらいしか記憶が残っていませんでしたので再読をすることができてよかったです。

 

麻生人生という24歳の青年が物語の主人公です。

高校時代の陰湿ないじめから不登校になり、退学をし、何度か日雇いで働きましたがうまくいかず4年間ひきこもりの状態でした。

ある時、部屋の異変を感じて見るとそこには母親からの置き手紙、当面の生活費の5万円と年賀状の束でした。

手紙は「あなたはあなたの人生を、これからも好きなように生きていってください」とありました。

母親がいなくなり考え込みますが、そこで年賀状を見ると、離婚した父方の祖母であるマーサばあちゃんの年賀状がありました。

余命が少ないことが書いてあり、人生はマーサばあちゃんに会いたいと思い、一念発起して長野県の蓼科(たてしな)へと向かいます。

そこで出会ったのは、痴呆症を患ったマーサばあちゃんと血の繋がらない孫のつぼみでした。

三人の生活が始まりますが、人生とつぼみはマーサばあちゃんの昔ながらの米作りに興味を持ち、周りの方の協力を得ながら進めていきます。

 

蓼科での生活において人生は施設の清掃をします。

そこでお世話になっている施設長で兼業農家の田端さんが結構いいことを言ってくれています。

マーサばあちゃんの伝統的な米作りは手間がかかるし、加える力も最小限に留めています。

植物や生き物たちが、もちろん人間も加わって作っています。

それが田端さんの発言である「生きるぼくら」につながってきます。

 

人は誰でもひとりで生きていくことはできません。

時には誰かの力を借りることもあるし、自然の恵みがなければ生きていくこともできません。

逆にそうして生きていることが結果として誰かの励みになったり、助け合うことにつながることもあるのだと感じました。

米作りをする青年を通して生きる素晴らしさを感じることのできた一冊でした。

 

大きな梅干しのおにぎりが食べたくなりました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また明日もお待ちしております。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


『傘のさし方がわからない』を読んで希望をもらう

【『結局、自律神経がすべて解決してくれる』】生活を整えるために出来ること

関連記事

  1. 『木曜日にはココアを』で心がホッと温かくなる。

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 立川談四楼『ファイティング寿限無』(祥伝社文庫)…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  3. 木内昇『茗荷谷の猫』(文春文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  4. 住野よる『君の膵臓をたべたい』を読んで考える「運…

    第17回「本を語る読書会」で紹介した一冊です。友人からのオススメをきっか…

  5. 凪良ゆう『流浪の月』を読んで考える「事実と真実」…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 梨木香歩『西の魔女が死んだ』(新潮文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  7. 原田ひ香『三千円の使いかた』(中公文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  8. コナン=ドイル/作 日暮まさみち/訳 若菜等+K…

    小学生の頃に買った積読本を消化しました。今回紹介する本は、コナン=ドイル…

Twitter でフォロー

PAGE TOP