サン=テグジュペリ 河野万里子 訳『星の王子さま』(新潮文庫)&課題本読書会レポート

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書会の開催や発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

今回紹介する本は、サン=テグジュペリ 河野万里子 訳『星の王子さま』(新潮文庫)です。

2023年1月27日にオンラインで開催する課題本読書会に備えて再読をしました。

 

砂漠に不時着をしたパイロットが出会ったのは他の星からやってきた王子さまでした。

小さな星から飛び出して、いろいろな星を転々として最後にやってきたのが地球でした。

パイロットが飛行機を修理しながら王子さまの話が語られているを書き記したいう形です。

 

王子さまがいた星はとても小さな星でした。

そこには一本のバラがありました。

特別なバラだと思っていたら地球にはたくさんのバラがありました。

そうすると特別だと思っていたバラはそうでなくなってしまうのでしょうか?

そのようなことはないと思います。

バラというのを人間に置き換えてもいいと思います。

身近にいる人は特別な存在です。

その身近な人がいなくなってもどこかに「人」はいます。

でもその人は身近な人の代わりにはなりません。

特別だと思っていたものがそうでないとわかっても、なおそのうえ大切にしていくことに意味があるのかなと思います。

 

あらゆる星で特徴的な人物に王子さまは出会っていきます。

そのうえでやってきた地球という星の形容のされ方がなかなかおもしろかったです。

キツネの

「じゃあ秘密を教えるよ。とてもかんたんなことだ。ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。いちばんたいせつなことは、目に見えない」

(p108)

は有名です。

大切なものを大切だと感じる心を大切にしたいです。

なにより大人になることでその心を忘れずにいたいです。

 

実際の読書会でも、やはり最初は読みにくかったという声を多くいただきました。

全体像がつかめるとわかりやすさというものが出てくるのかもしれません。

住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉文庫)でもこの作品が触れられていることを思い出しました。

読みにくいと感じることに、表現されているものが全てが隠喩であると言われてなるほどなと思いました。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


集英社文庫編集部『短編宝箱』(集英社文庫)

光文社文庫編集部・編『Jミステリー2022 SPRING』(光文社文庫)

関連記事

  1. 万城目学『八月の御所グラウンド』(文藝春秋)

    今回紹介する本は、万城目学さんの『八月の御所グラウンド』(文藝春秋)です。…

  2. 2017/11/24 第8回 読書会「本の話をし…

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。雪が…

  3. 第108回 読書会「本の話をしよう」@Brown…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  4. 【精神疾患の世界を覗いてみる】ニール・シャスタマ…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 一途の愛は存在するのか

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  6. 第117回 読書会「本の話をしよう」@zoom …

    2023年10月25日にオンラインzoomで読書会を開催しました。主宰の…

  7. 第98回 読書会「本の話をしよう」開催報告

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  8. 小さな行動から全ては始まる。

    今日は「これからの生き方・働き方を学ぶ実践読書会」でした。札幌で読書会を…

Twitter でフォロー

PAGE TOP