いまを大切に生きる〜橋部敦子『僕の生きる道』〜

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

2019/11/29 第2回ビブリオバトル@SALOONで紹介した一冊について書きます。

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾@shogogo0301)です。

僕の生きる道

元SMAPの草彅剛さん主演のドラマのノベライズです。

なので、情景が頭に浮かびやすく、とても読みやすいです。

今回のビブリオバトルのテーマが「好きな小説」だったので、こちらの本を紹介しました。

 

話の内容としは末期の癌を宣告された28歳の高校教師の話です。

癌を宣告されることによってそれまで無難に生きてきた28年を後悔します。

自殺未遂もしてしまいますが、お母さんの言葉に救われて残りの1年をしっかり生きていこうと決意をします。

「ー一年て、二十八年よりも長いですよね」

とあるように人生の価値を決めるのはどれだけ長く生きたかではなく、より濃く生きるのかと考えさせられます。

 

好きな場面を紹介します。

身辺整理をしていた時に、一冊の本が出てきます。

それを生徒に見せ、この本の持ち主は本を読む時間がなかったのか? と問います。

答えは、読む時間がなかったのではなく、読もうとしなかったです。

やる気がなければいつかはやってこないのだと考えさせられます。

 

死が迫っていますが、結婚をしたい。

それを主治医に相談した時、こんなことを言われます。

「たとえ明日、世界が滅亡しようとも、今日、私は、りんごの木を植えるー」

調べるとルターの言葉だそうです。

いまを大切に生きることの大切さを教えてくれた一冊です。

ビブリオバトルで紹介した動画はこちらです!

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




書いている人


ふつうの人のストーリーに学ぶ〜福津京子『札幌人図鑑』〜

2019年11月に読んだ本

関連記事

  1. 「あの時に戻れたら」と後悔しない生き方をする

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  2. 好きなことをやるのではなく、嫌なことはやめるとい…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  3. 何度でもやり直せる社会に

    2018/06/22に天狼院書店で開かれた「暗闇でも走る」の著者安田さんのイ…

  4. 伊坂幸太郎作品の名言に偶然出会った話

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 小さな習慣をつくる

    密かにブログを毎日更新するというチャレンジを続けています。札幌で読書会…

  6. 感謝することは当たり前のことに目を向けること

    感謝をすることは当たり前のことに目を向けること札幌で読書会をやってます、…

  7. 新学期にオススメの本、3冊!

    動画でもまとめています新学期といってももう4月も半ばですが………

  8. 書評を書くのは「ひとり読書会」

    わたしは書くことが好きです。札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@sho…

Twitter でフォロー

PAGE TOP