昨日の話の続きができるように

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

わたしはSNSが好きです。

やりすぎの害ももしかしたらあるのかもしれませんが、それなりによい関係性を保つことができているんじゃないかと思っています。

先日、こんなツイートをしました。

ほかの人のSNSのやり方についてとやかくいうつもりはありません。

あくまでわたしはこうしていますというお話です。

 

SNSのおかげで気軽に情報発信をできるようになりました。

でも、逆に言うといつでもつながれるかもしれないという感覚は「いつかタイミングが合えば会おう」でなかなか予定が進まないのを加速してしまっているのかもしれません。

あの人に届いているかはわからないし、わざわざメッセージをすることもないのでそれ以上の話が進まないなんてこともあるかもしれません。

何もないと寂しいのでわたしは積極的に「いいね!」ボタンを押したりコメントを返したりするようにしています。

常にチェックをしなければそわそわするというほどの中毒性にはなっていませんが、中毒にならないように気をつけています。

 

自分から発信をするときは精神的な距離が近い人に伝えるような感覚で書いています。

一人暮らしをしていますので家族もそうですし、親友もそうです。

どこまで見られているかわかりませんが毎日会う職場の人にも恥ずかしくない内容を書くようにしています。

何のために書くかというとやはり近況報告的な意味合いが大きいです。

多くはありませんが親友と呼べるような存在の友達がいます。

頻繁に連絡を取り合っているわけではありません。

それでもたまに食事をしたときは幼少期のころに戻ったような感覚で話をします。

そのときに「前にこんなことがあってね」という話をなんとなくでも相手が知ってくれていたらという感覚があります。

実際にそれを見ていなくてもいいんですが、精神的なスタンスとしてこの話をするのは初めてじゃないと思う感覚って結構大切なんじゃないかと思っています。

 

ブログはFacebookにシェアをしています。

考えている思考の整理はTwitterへとあげています。

SNSは近況報告と思考の整理としてこれからも活用していこうと思います。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


本棚はその人の志を表す

伏線の回収されない小説のような人生を送りたい

関連記事

  1. 目的思考で生きる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 学びとエンタメの境界線

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 知識はクルマ

    今日は何を書こうかなと、昨日の夜から悩んでいるので「書く」ことについて書いて…

  4. アイデアはメモをする。役に立たなくても良い。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. キャッチボールと文章

    「これからは個の力が求められる時代だ」「終身雇用の時代は終わりを迎える」「人…

  6. どうやったら習慣化し継続できるのか

    良いと思って始めたこともなかなか続かないという方も多いかと思います。習慣…

  7. 生きるとは、今を大切にすること

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. 読書の良さを伝え続けたい

    コロナ、コロナ、口を開けば、コロナウイルス。「コロナ」という名称が仲のい…

Twitter でフォロー

PAGE TOP