伏線の回収されない小説のような人生を送りたい

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

先日こんなツイートをしました。

これについてちょっと深掘りをしていきます。

わたしは日々本を読んでいます。

もはや趣味というよりも生活の一部だと思って本に向き合っています。

 

ジャンルにはこだわらずに、読みたいと思った本を読むようにしています。

ビジネス書を読むこともあれば、小説を読むこともあります。

小説のジャンルとしてはミステリーが好きです。

ミステリーが好きですがホラーなどの残虐なシーンは好きではありません。

そんなミステリーを読んでいて感じることは、よくこの話を思いつくなということです。

素直に推理が当たっていたなど思うことはなく、いつも作家さんのリードにまんまと引っかかり、だまされるのをたのしんでいるところがあります。

 

本の感想を見ていてたまにあるのが「あの伏線が回収されていない」というものです。

わたしは伏線というのはあるようでないようなものだと思っています。

誕生日の1ヶ月前に「ほしいものない?」と聞くのは誕生日プレゼントを用意する伏線でしょうか?

小説は虚構なので全てを創り出して書かれるというものではないことは承知しています。

それでも日記を書いていて、それは独立した出来事であってほかの何にも干渉しないことなんてざらですし、そういうものだらけです。

意味があることが文章に残されるとは思いますが、残された意図はそこまで深く考えなくてもいいんじゃないかと思います。

 

ちなみにわたしが小説の人物になれるなら、朝井リョウさんの『桐島、部活やめるってよ』の桐島くんのような存在です。

読んだことがある方ならそういう立ち位置ねとすぐにわかっていただけるかなと思います。

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


昨日の話の続きができるように

永遠に生きるかのように学びたい

関連記事

  1. わたしが日記で書いているふたつのこと

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  2. 昨日の話の続きができるように

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. モノの見方を変えてみる

    毎日ブログを更新することを目標にしています。札幌で読書会をやってます、井…

  4. オンラインコミュニティの可能性を探る

    いつもありがとうございます。対面での読書会がなかなか開催できない状況です…

  5. 本を通して、自分を見つめる読書会に。

    札幌もだいぶ寒くなってきましたね。わたしの部屋の温度は10度になっていま…

  6. 本棚の10冊で〇〇を表現してみます

    「本棚の10冊で自分を表現する」というのをやりました。これって色々応用で…

  7. 本物に触れることでしか、本物にはなれない

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 読書の魅力を伝えたい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP