伏線の回収されない小説のような人生を送りたい

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

先日こんなツイートをしました。

これについてちょっと深掘りをしていきます。

わたしは日々本を読んでいます。

もはや趣味というよりも生活の一部だと思って本に向き合っています。

 

ジャンルにはこだわらずに、読みたいと思った本を読むようにしています。

ビジネス書を読むこともあれば、小説を読むこともあります。

小説のジャンルとしてはミステリーが好きです。

ミステリーが好きですがホラーなどの残虐なシーンは好きではありません。

そんなミステリーを読んでいて感じることは、よくこの話を思いつくなということです。

素直に推理が当たっていたなど思うことはなく、いつも作家さんのリードにまんまと引っかかり、だまされるのをたのしんでいるところがあります。

 

本の感想を見ていてたまにあるのが「あの伏線が回収されていない」というものです。

わたしは伏線というのはあるようでないようなものだと思っています。

誕生日の1ヶ月前に「ほしいものない?」と聞くのは誕生日プレゼントを用意する伏線でしょうか?

小説は虚構なので全てを創り出して書かれるというものではないことは承知しています。

それでも日記を書いていて、それは独立した出来事であってほかの何にも干渉しないことなんてざらですし、そういうものだらけです。

意味があることが文章に残されるとは思いますが、残された意図はそこまで深く考えなくてもいいんじゃないかと思います。

 

ちなみにわたしが小説の人物になれるなら、朝井リョウさんの『桐島、部活やめるってよ』の桐島くんのような存在です。

読んだことがある方ならそういう立ち位置ねとすぐにわかっていただけるかなと思います。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


昨日の話の続きができるように

永遠に生きるかのように学びたい

関連記事

  1. 目的思考で生きる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 学びとエンタメの境界線

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 知識はクルマ

    今日は何を書こうかなと、昨日の夜から悩んでいるので「書く」ことについて書いて…

  4. アイデアはメモをする。役に立たなくても良い。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. キャッチボールと文章

    「これからは個の力が求められる時代だ」「終身雇用の時代は終わりを迎える」「人…

  6. どうやったら習慣化し継続できるのか

    良いと思って始めたこともなかなか続かないという方も多いかと思います。習慣…

  7. 生きるとは、今を大切にすること

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. 読書の良さを伝え続けたい

    コロナ、コロナ、口を開けば、コロナウイルス。「コロナ」という名称が仲のい…

Twitter でフォロー

PAGE TOP