本棚はその人の志を表す

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

先日このようなツイートをしました。

このブログを読んでいただいている方は読書に関心がある方だと思うので、本棚というものがきっとあるのではないかと思います。

その本棚を見られるのは恥ずかしいでしょうか。

わたしはわりかし平気なのですが、頭の中を覗かれるようで裸を見られるよりも恥ずかしいという方もいらっしゃいました。

 

わたしの本棚には二種類のコーナーがあります。

ひとつは読み終わった本たちであり、もうひとつは未読本でありいわゆる積読と呼ばれるものです。

読み終わった本には基本的に書き込みや折り目があるので売り物にならず、何よりまた読み返したくなることを想定してとってあります。

著者ごとに分けたり、ジャンルに分けたり、場所を入れ替えたりと本棚の入れ替えも楽しんでいます。

読んでいない本は常時30冊くらいはあるのですが、一番目につきやすいところに置いておいて、目に触れるようにしています。

たまに手に取ってパラパラと眺めることができるようにしておくことも大切かなと思っています。

 

タイトルにもしましたが、本棚というのはその人の志が反映されたものだと思っています。

今まで読んできた本は今まで自分を形作ってきた本たちですし、これから読む本というのは自分がこれからどうなりたいとか、吸収したいことを表しているものです。

見られて恥ずかしい本棚というのはきっとないでしょうですし、おじゃまをしたときはこんな方なのかなと想像するのが好きです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


進まなくても歩き続ける

昨日の話の続きができるように

関連記事

  1. 小説を人生にどう生かすか?

    小説を読み終わりました。いい小説に巡り会えたなと感じるときほど嬉しいこと…

  2. メッセージは読み取れなくてもいい。

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書…

  3. 読書家におすすめ本を聞かない方がいい

    4月に入って体調のいい日が続いています。ちょっと調子のいい感じがずっと続…

  4. 行かない本棚にも寄ってみる

    先日の読書会のフリートークで「本屋さんで普段行かない本棚は?」という話になり…

  5. 本を読む動機はなんだっていい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 本を読むのは、話を聴くこと

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 読書と投球術の関係

    昔話をちょこっとします。兄の影響で小学2年生から野球をはじめました。…

  8. 北海道新聞に紹介されました

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP