なくなっても困らないけど、あったらいいな

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、「読書会の意義」についてです。

先日、このようなツイートをしました。

読書会を開催するようになって4年目になっています。

体調不良により、やっていない時期もありましたが、ほぼ毎月開催をしています。

コロナ禍においてなかなかカフェ等リアルの場で開催することができていませんが、それでもネットを通して遠くの方とも交流ができてとても有意義な時間を過ごしています。

 

『7つの習慣』で言われる「第二領域」の話をご存じでしょうか。

座標軸に「重要なこと」と「緊急なこと」をとります。

読書の類は「重要なこと」ですが、「緊急ではない」ことに通常分類されるかと思います。

なので、いつか時間があるときに読もうと後回しになって読めないままということが起こってしまいます。

本を読んでわざわざそれを人にシェアしようというのはさらにハードルが上がることだと思っています。

そのために予定として時間を割かなければいけないですし、場合によっては参加費もかかります。

 

極論言ってしまえば読書会はなくても生きていけます。

それでもわたしは読書会をやり続けたいと思っています。

労力以上に得られるものを感じているからです。

参加されるみなさんにとっても「あったらいいな」と思ってもらえる存在を目指していきたいです。

いつも参加できなくても、たまに参加したい、できるときにある状態がいいなと思っています。

 

たとえ自分が主宰している札幌ゼロ読書会ではなくても、本を通して交流する楽しさをこれからも多くの方に伝えていきたいです。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


やっぱり本屋さんが好き。

なかむらるみ『おじさん図鑑』(小学館)

関連記事

  1. 小説を人生にどう生かすか?

    小説を読み終わりました。いい小説に巡り会えたなと感じるときほど嬉しいこと…

  2. メッセージは読み取れなくてもいい。

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書…

  3. 読書家におすすめ本を聞かない方がいい

    4月に入って体調のいい日が続いています。ちょっと調子のいい感じがずっと続…

  4. 行かない本棚にも寄ってみる

    先日の読書会のフリートークで「本屋さんで普段行かない本棚は?」という話になり…

  5. 本を読む動機はなんだっていい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 本を読むのは、話を聴くこと

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 読書と投球術の関係

    昔話をちょこっとします。兄の影響で小学2年生から野球をはじめました。…

  8. 北海道新聞に紹介されました

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP