書を読み、読み書く愉しみ

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは「読書の楽しみ」についてです。

先日、このようなツイートをしました。

わたしはこのブログを含めてSNS等で日々発信を続けています。

ものすごく注目を浴びたいというよりも、読んでいただいた方がわたしの為人を知ってもらって読書会に参加しやすくなればいいなと思っています。

発信する内容としてはストレングスファインダー での強みとなる資質の内省を活かして考えたことや読書のあれこれです。

最近のツイートの内容を膨らませて書くのがなかなか気に入っています。

このときの注意点とすれば、反応が良かったからという理由で選択をしないことです。

反応が良かったという理由で選んでしまうとどんどん万人受けするようなありふれた内容であふれてしまいます。

特別、機転の効いたことを言わなくてもいいので自分が本当に言いたいことや書きたいことを書く場でありたいなと思っています。

 

これは本に対する姿勢にも同じところがあります。

わたしはどんなに世間で評判になっているベストセラーでも自分が読みたいと思わなければ読まないようにしています。

読んでいて退屈な本から得られることよりもワクワクしながらページをめくる本のほうが絶対に読んでいて意味があると思っています。

読みたいと思った本が結果的にベストセラーということはもちろんあります。

自分が読みたいと思った感性は大切にしたいです。

 

読書を書き下すと「書ヲ読ム」になりますよね。

そのまま読んで「読んで書く」というのも読書のうちだと思っています。

どちらも楽しんでよりよい生活を送りたいものです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


川野 泰周『「精神科医の禅僧」が教える 心と身体の正しい休め方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

酸っぱいレモンを与えられたら?

関連記事

  1. 今日も本は誰かを救ってくれる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 読書会はいつから始まっているのか?

    明日は読書会です。お久しぶりの対面です。密を防ぐために人数は減らしてい…

  3. 読書と投球術の関係

    昔話をちょこっとします。兄の影響で小学2年生から野球をはじめました。…

  4. 人が紹介するから読書会は面白い。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 人に本を紹介してもらう意味は何なのか?

    毎月2〜3回くらい読書会を開催しています。これまで本の紹介型の「本の話を…

  6. 本を探すときに知っていると便利なISBNについて…

    今回は本を探す際のちょっとしたテクニックをご紹介したいと思います。本を探…

  7. 本はいつでも誰かを救ってくれる

    「どうやったら本を使ったビジネスが展開できるでしょうか?」以前このような…

  8. アウトプットはまずはTwitterからやってみま…

    どうやったら読書をより自分の血とし肉とすることができるのか。その鍵のひと…

Twitter でフォロー

PAGE TOP