本を読む人と読まない人に分ける意味って?

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

先日、このようなツイートをしました。

わたしには本を読まない日はありません。

意識をして今日はこれくらいの時間を読もうとか何ページ読もうと意識していることはありません。

それでも隙間時間には本を手にとるようにしています。

まとまった時間ができたらブログやTwitterで文章を書いて思考の整理をするようにしているので、前に比べたら少しは減っているのかもしれません。

それでも特に気にすることなしに本を読んでいます。

 

人の性質なのかもしれませんが、自分の属しているグループが多数派であったり、優れているんだと思う節があるんじゃないかと思っています。

社会人の勉強時間は平均で6分というのを聞いたことがありますし、大半の人は一冊も本を読んでいないそうです。

そういうのを聞くと当たり前のように本を読む自分からすると不思議な感覚ですし、読書会から様々な知見をもった人たちから話を聞いているとまだまだ勉強しなきゃと思えるのです。

こんな意見もあります。

勉強をしないのが大半なので本を読んだり、勉強をすれば頭ひとつ抜けることができると。

そうなのかもしれませんが、ことを本の話ですると、本を読む人と読まない人に分けることってさほど意味のあることではないように思えるのです。

本であることのメリットはたくさんあると思います。

そのメリットだけに目を向けることなく、ほかの媒体のメリットにもしっかりと目を向けないといけないと思うのです。

たとえば、ネクタイの締め方を調べたいと思ったときにどうするでしょうか?

わたしだったら少なくとも本屋さんには行きません。

ウェブテキストよりもYouTubeなど動画で探したほうがわかりやすいのが見つかる気がします。

本というのはあくまでひとつの情報を得るためのカタチや手段にすぎません。

根本的にそれに対していいもわるいもないものだと思っています。

 

情報と言うのはもっとも適したカタチで手に入れることが大切だと思っています。

とは言ってもやはり本を読む人がすきであり、仲良くしたいのです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


数字のキャラクターを感じる

2021年6月に読んだ本

関連記事

  1. 5分という絶妙な紹介時間

    今回は読書会での本の紹介時間について書いていきます。「本を語る、人と繋が…

  2. 4月23日は「世界本の日」、本を読もう

    4月23日は「本の日」には本を読もう今日は世界本の日です。「本の日」…

  3. 本はなるべく手元に置いておきたい

    年間の読書量は150冊から200冊くらいになります。基本的には新刊本を購…

  4. 本を読んで良かったと思える人生を送りたい

    本を読んで良かったと思える人生を送りたいそれなりに本を読んできた人間と…

  5. 本選びは友だちと仲良くなる感覚で

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 自分が読みたいと思った本を読む

    一年間にどれだけの本が刊行されているかご存知でしょうか?統計局のデータに…

  7. 本と映画、どっちが先?

    本と映画どっちが先がいいか問題というのがあります。ない! という方はいま…

  8. 人生が狂ってしまっても本が読みたい

    先日こんなツイートをしました。https://twitter.com/s…

Twitter でフォロー

PAGE TOP