和田秀樹『「うつ」だと感じたら他人に甘えなさい』に学ぶ、二分割思考。

読書会情報

和田秀樹『「うつ」だと感じたら他人に甘えなさい』に学ぶ、二分割思考。

コロナウイルスによる外出自粛でなんとなく気分が重くなっている方はいらっしゃいませんか?

今日はメンタルヘルスに関する大切な知識のお話をします。

和田秀樹『「うつ」だと感じたら他人に甘えなさい』

世の中には悩んでどうにかなることとならないことがあります。

悩んでなることについては対応を考えればいいし、ならないことには折り合いをつけるのが大切です。

どちらの場合も白か黒かではっきり決まる問題というのは少ないと思います。

昔のわたしはこの白黒どちらかではっきりさせたい傾向がつよかったです。

100点を狙えるテストなら徹底的に勉強をして狙いにいきましたし、中学校からの定期テストは点取りゲームのように励んでいたように思います。

体調を崩し、入院したときに自己分析をしようと思い、自分が思う性格を洗い出したときにあげたのに「白黒はっきりさせたい」というのがありました。

この白黒はっきりさせたいというのは専門的にいうと「二分思考」と言います。

そしてこれが、「うつ」になりやすい思考でもあるというのです。

 

「うつ」に対する注意としては、うつは心の風邪と言われるのはあっている部分もあるし、違う部分もあるということです。

うつになってしまうのは避けようがないところもありますが、なりやすい思考というものがあるのは確かなことです。

この二分思考を知ってから、必要なときに満点を目指して、常に満点を目指さなくてもいいと考えるようになりました。

5段階で気分に点数をつけていますが、だいたい3くらいですし、それでいいと思えるようになりました。

 

何より、つらいと思ったら頼れる人に抱きつくことです。

どこまでお話ができるかわかりませんし、カウンセラーではありませんが、何かできることがあったら連絡してください。

(photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!

noteもやってます

自己紹介


問いのあるところに答えがある

2020年4月に読んだ本

関連記事

  1. ラブという薬

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。2018/05/11 第14…

  2. 20%を見極める。

    努力って方向性が大切だよねというようなお話を以前書きました。札幌で読書会をやってます、井田祥吾(…

  3. 『走ることについて語るときに僕の語ること』〜走る小説家、村上春樹…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラ…

  4. 本は、時空を超える

    体調もいい時もあれば、よくない時もある。ということでよくないと感じるときもそれなりの結果を残しつ…

  5. 都合のいい読書術

    今日は久しぶりに本の紹介をしようかなと思います。読書会をやっている人のブログならもっと本を紹介す…

  6. 新学期にオススメの本、3冊!

    動画でもまとめています新学期といってももう4月も半ばですが……コロナウイルスさんの影…

  7. 『終末のフール』から学ぶ、明日死ぬとしても後悔しない生き方をする…

    わたしが文章を書こうと思ったときはさて何を書こうから始まります。札幌で読書会をやってます、井田祥…

  8. 「わたしだけのおいしいカレーを作るために」は哲学書だ。

    以前読書会で紹介した本を今日は紹介します。その時にどのような紹介をしたかは全く覚えていないのです…

読書会情報はこちらから!

友だち追加
PAGE TOP