植松努『空想教室』〜どうせ無理をなくす〜

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

穴埋めのように読書会で紹介した本を書いていくシリーズです。

今回は、第29回『「本を語る」読書会』で紹介した一冊です。

植松努 空想教室

この本との出合いは、本屋さんで流れていたTEDxでした。

本屋さんで流れていた動画をずっと見入ってしまいました。

それほど熱いメッセージでした。

本を読むのが難しいという方は動画だけでも読んでいただくのをオススメします。

植松電機ではマグネットというリサイクルに使う機器を作っているかたわらで、宇宙開発を行なっています。

どうして宇宙開発を行うのでしょうか?

それは、「どうせ無理」という言葉を世の中からなくすためと言います。

一見すると無理のようなことに知恵を仲間と一緒に振り絞ります。

誰もが一度は憧れたであろう宇宙でそれをやろうとしているのです。

仕事と夢

私は仕事と夢の区別の話が好きです。

”夢”と”仕事”は全然違うものです。わけて考えたらすっきりします。

”夢”というものは、単純に「大好きなこと」であり「やってみたいこと」です。

(中略)

一方で”仕事”というものは、単純に「人の役に立つこと」であり「社会の役立つこと」です。

(植松努『空想教室』p191)

結構、夢と仕事はごっちゃにしてしまうと思います。

いつの頃からか将来の夢は職業名になってしまうし、仕事は辛いものというイメージがついてしまいます。

この考えなら、夢でお金をもらわなくても良いし、仕事をいくつやっていても言い訳です。

ボランティアだって立派な仕事です。

この考え方は私の仕事観を変えてくれました。

まとめ

本を読もうか悩んだらとりあえず冒頭に紹介した動画を見てください。

もしかしたらあなたの人生を変えてくれるかもしれません。

良ければフォローお待ちしてます!

しるし書店やってます!

読書会情報

自己紹介


「バー読 AL-MAJI」札幌の読書バー

【ストレングスファインダー】自分の強みを生かす!

関連記事

  1. サラバ!は何かをしたい衝動に駆られる小説

    ゴールデンウィーク終わりましたね。いかがお過ごしでしょうか?札幌で読書会をやってます、井田祥吾(…

  2. 弱さを受け入れる勇気。宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー』

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるブックセラピ…

  3. 内なる声に耳を傾けよう

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラ…

  4. 虚構新聞〜役に立たなかった本〜

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラ…

  5. 希望のある日々をおくるために

    考えるという行為は確かに特効薬ではないのかもしれません。それが自分の考えとして定着するまでにはも…

  6. 挑戦に必要なものは?

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

  7. 「あの時に戻れたら」と後悔しない生き方をする

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラ…

  8. ビートたけしさんに学ぶ、何も期待しないで相手に尽くす

    読書会で紹介した1冊前回の読書会でわたしが紹介した一冊は、ビートたけし「僕は馬鹿になった」でした…

読書会情報はこちらから!

友だち追加
PAGE TOP