植松努『空想教室』〜どうせ無理をなくす〜

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

穴埋めのように読書会で紹介した本を書いていくシリーズです。

今回は、第29回『「本を語る」読書会』で紹介した一冊です。

植松努 空想教室

この本との出合いは、本屋さんで流れていたTEDxでした。

本屋さんで流れていた動画をずっと見入ってしまいました。

それほど熱いメッセージでした。

本を読むのが難しいという方は動画だけでも読んでいただくのをオススメします。

植松電機ではマグネットというリサイクルに使う機器を作っているかたわらで、宇宙開発を行なっています。

どうして宇宙開発を行うのでしょうか?

それは、「どうせ無理」という言葉を世の中からなくすためと言います。

一見すると無理のようなことに知恵を仲間と一緒に振り絞ります。

誰もが一度は憧れたであろう宇宙でそれをやろうとしているのです。

仕事と夢

私は仕事と夢の区別の話が好きです。

”夢”と”仕事”は全然違うものです。わけて考えたらすっきりします。

”夢”というものは、単純に「大好きなこと」であり「やってみたいこと」です。

(中略)

一方で”仕事”というものは、単純に「人の役に立つこと」であり「社会の役立つこと」です。

(植松努『空想教室』p191)

結構、夢と仕事はごっちゃにしてしまうと思います。

いつの頃からか将来の夢は職業名になってしまうし、仕事は辛いものというイメージがついてしまいます。

この考えなら、夢でお金をもらわなくても良いし、仕事をいくつやっていても言い訳です。

ボランティアだって立派な仕事です。

この考え方は私の仕事観を変えてくれました。

まとめ

本を読もうか悩んだらとりあえず冒頭に紹介した動画を見てください。

もしかしたらあなたの人生を変えてくれるかもしれません。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


「バー読 AL-MAJI」札幌の読書バー

【ストレングスファインダー】自分の強みを生かす!

関連記事

  1. 瀧本哲史『2020年6月30日にまたここで会おう…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催…

  2. とりあえず書いてみる、続けてみる

    退院をしてから着々と復帰に向けて準備をしています。札幌で読書会をやって…

  3. 吉野源三郎『君たちはどう生きるか』を読んで自分の…

    第9回読書会「本の話をしよう」で紹介した本について書いていきます。相当前…

  4. 何度でもやり直せる社会に

    2018/06/22に天狼院書店で開かれた「暗闇でも走る」の著者安田さんのイ…

  5. アーノルド・ローベル『ふたりはともだち』から学ぶ…

    ふたりはともだち「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催…

  6. 本棚の10冊で人生哲学を考えてみる

    テーマは人生哲学札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo03…

  7. 未来日記は旅行の計画

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。未来…

  8. 内なる声に耳を傾けよう

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP