「マイナス×マイナス=プラス」を文学的に表現すると

数学はお好きですか?

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

 

文学が好きな方は国語が得意な方が多い印象を受けます。

文系理系で分けるのもナンセンスな時代錯誤になってくる感じはありますが、わたしは理系で国語が苦手でした。

 

数学は得意な方でした。

それでも「マイナス×マイナス=プラス」がなかなか腑に落ちませんでした。

 

今のわたしならこう説明します。

そうしないと都合が悪いからということになります。

プラスにプラスをかければプラスです。

プラスにマイナスにかけるとマイナスになるとすると、マイナスにマイナスを掛け算するとプラスになるとしないと都合がわるいのです。

座標でくるくる回るように説明するとすんなりいくと思います。

 

こういう理屈っぽい説明よりも「後ろを向いて後ろに進めば前に進む」という方が感覚的につかめるところもあるかもしれません。

 

文学的な表現で言うと俵万智さんの

寒いねと話しかければ寒いねと答える人のいるあたたかさ

がぴったりですね。

 

こう言う素敵な表現をこれからも見つけていきたいです。

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


サンキュータツオ『学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方』

由来知っていますか?

関連記事

  1. わたしが日記で書いているふたつのこと

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  2. 昨日の話の続きができるように

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. モノの見方を変えてみる

    毎日ブログを更新することを目標にしています。札幌で読書会をやってます、井…

  4. オンラインコミュニティの可能性を探る

    いつもありがとうございます。対面での読書会がなかなか開催できない状況です…

  5. 本を通して、自分を見つめる読書会に。

    札幌もだいぶ寒くなってきましたね。わたしの部屋の温度は10度になっていま…

  6. 本棚の10冊で〇〇を表現してみます

    「本棚の10冊で自分を表現する」というのをやりました。これって色々応用で…

  7. 1%のひらめきって大事!

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 読書の魅力を伝えたい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP