サンキュータツオ『学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方』

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

ご自宅に辞書はありますか?

わたしは実家に行けばおそらく紙の辞書がありますが、今の一人暮らしの家には電子辞書しかありません。

しかし、読むと国語辞典が買いたくなる、そんな一冊を読みましたので紹介します。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

 

友だちからの紹介を受けて、サンキュータツオ『学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方』を読みました。

著者のサンキュータツオさんは、芸人でありながら大学の非常勤講師も勤めるという異色の経歴をお持ちの方です。

国語辞典の魅力について語られていますが、完全に誤解していたことがそのまま書かれていました。

 

それは、「国語辞典はどれも同じ」「広辞苑が一番いい」というものです。

 

国語辞典を作るのも当然人であり、方針がたてられて長い年月をかけて作られます。

なので、使用目的に合わせて選ぶことが大切だと学びました。

 

辞書といえば広辞苑というイメージがありましたが、広辞苑はあくまで数ある辞書の一つであり、特色として百科事典の要素が強いそうです。

なので広辞苑で引くのがいいときもあれば他を頼ったほうがいいときもあるということになります。

 

辞書はまさしく「言葉の海」です。

そこから一つの貝を見つけだす感覚じゃないかと思っています。

「無人島に持っていく一冊」に辞書を選んだ方がいましたが納得です。

 

辞書の楽しみ方と奥深さを感じることができる一冊です。

読むと辞書が欲しくなる、実際に本屋さんで手にとってみたくなる、そんな一冊です。

巻頭には「オススメ辞書占い」があります。

ちなみにわたしは「日本語語感の辞典」と「角川必携国語辞典」が良さそうです。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声プラットフォームHimalayaでもお話ししています

書いている人


「猫まみれ展 MAX」に行ってきました!

「マイナス×マイナス=プラス」を文学的に表現すると

関連記事

  1. 松浦弥太郎『仕事のためのセンス入門』(筑摩書房)…

    本の紹介をします。「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催し…

  2. 藤尾秀昭『はじめて読む人のための人間学』を読んで…

    読書会での紹介動画はこちらです。前回の読書会で紹介した一冊について書…

  3. セネカ『人生の短さについて』

    2021年3月22日の「フジモトのカクロン」チャンネルで紹介をした一冊です。…

  4. 坂口恭平『苦しい時は電話して』を読んで、自分にで…

    「死にたい」と思ったことはありますか?そのときどのように対処をしましたか…

  5. 神渡良平『人を育てる道』(致知出版社)

    本の紹介をします。「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催し…

  6. エーリッヒ・フロム『愛するということ』を読んで

    動画でも紹介をしています。よければ合わせてご覧ください。&nbs…

  7. 本田健『20代にしておきたい17のこと』を読んで…

    3月1日はわたしの誕生日です。自分発信のブログなので目標について書いてお…

  8. Dain『わたしが知らないスゴ本は、きっとあなた…

    Twitterでやり取りをして本を紹介してもらいました。マグさんという方…

Twitter でフォロー

PAGE TOP