「猫まみれ展 MAX」に行ってきました!

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

2021年3月20日に北海道立近代美術館で開催されています、「猫まみれ展」に行ってきました。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

 

あなたは猫派ですか? それとも犬派ですか?

わたしはなんとも言いがたいところがありました。

おばあちゃんの家では白い猫のゴン太くんがいましたし、小学生の頃はビーグル犬のポテトを飼っていました。

どちらも好きで比率で言うならまさしく50対50で拮抗している感じです。

でも今回の展示を見て猫と暮らしたいと思いました。

 

神奈川県藤沢市所蔵のコレクター招き猫亭が所蔵しているものの展示です。

江戸時代の浮世絵から現代アートまでたくさんの作品を見ることができました。

保存状態も良くて見ることができてよかったです。

 

帰りの道すがら「猫」が出てくる小説が読みたいなと思い、パッと思い浮かんだのは石田衣良さんの『ふたりの名前』でした。

お互いが過去の恋愛から学び、同棲する家の所有物にはそれぞれのイニシャルが振ってあります。

生まれたばかりの子猫を受けとるものの猫に病気が発覚し……

という内容です。

猫の名前はどうなったのか、ぜひ読んで確認してもらえるとうれしいです。

『ふたりの名前』は短編集『1ポンドの悲しみ』に収録されています。

あなたのお気に入りの猫小説があれば教えてください。

北海道立近代美術館で開催されている、「猫まみれ展 MAX」は2021年4月4日までの会期となっています。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声プラットフォームHimalayaでもお話ししています

書いている人


自分にとって最適な読書環境を見つける

サンキュータツオ『学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方』

関連記事

  1. 文章を書くこととパンを作ること

    文章を書くことは料理をすることに似ているということを以前書いたかと思います。…

  2. 少ない理由を磨き続ける。

    ブログになるとついついかしこまってしまいます。前回の記事にも書いた「誰に…

  3. アビダルマ仏教の教え〜時間は未来から過去に流れる…

    本を読むと色々な思想に触れることができるので面白いです。今日はその中から…

  4. ブログもステップアップしていきます。

    ゴールデンウィークに突入しましたが、札幌はあいにくの寒い雨が降っています。…

  5. 直感で行動する

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  6. 自分の好きをもっと好きになりたい。

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書…

  7. 目標は背中を押してもらって宣言をしてやる。

    2021年1月22日に西洋占星術師のemicoさん(@hoshino_mah…

  8. 好きなおにぎりの具を聞かれて考えた今後の生き方

    好きなおにぎりの具を聞かれて考えた今後の生き方質問箱というサービスを利用…

Twitter でフォロー

PAGE TOP