「猫まみれ展 MAX」に行ってきました!

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

2021年3月20日に北海道立近代美術館で開催されています、「猫まみれ展」に行ってきました。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

 

あなたは猫派ですか? それとも犬派ですか?

わたしはなんとも言いがたいところがありました。

おばあちゃんの家では白い猫のゴン太くんがいましたし、小学生の頃はビーグル犬のポテトを飼っていました。

どちらも好きで比率で言うならまさしく50対50で拮抗している感じです。

でも今回の展示を見て猫と暮らしたいと思いました。

 

神奈川県藤沢市所蔵のコレクター招き猫亭が所蔵しているものの展示です。

江戸時代の浮世絵から現代アートまでたくさんの作品を見ることができました。

保存状態も良くて見ることができてよかったです。

 

帰りの道すがら「猫」が出てくる小説が読みたいなと思い、パッと思い浮かんだのは石田衣良さんの『ふたりの名前』でした。

お互いが過去の恋愛から学び、同棲する家の所有物にはそれぞれのイニシャルが振ってあります。

生まれたばかりの子猫を受けとるものの猫に病気が発覚し……

という内容です。

猫の名前はどうなったのか、ぜひ読んで確認してもらえるとうれしいです。

『ふたりの名前』は短編集『1ポンドの悲しみ』に収録されています。

あなたのお気に入りの猫小説があれば教えてください。

北海道立近代美術館で開催されている、「猫まみれ展 MAX」は2021年4月4日までの会期となっています。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


自分にとって最適な読書環境を見つける

サンキュータツオ『学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方』

関連記事

  1. 2020年1月を振り返って

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  2. モットーを大切にする

    モットーを大切にする「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書…

  3. 自分にとって当たり前にできることでも役に立てる

    昨日、コワーキングSALOON札幌でカウンセリングイベントを開催しました。…

  4. 休むのも仕事

    しばらく体調不良で仕事をお休みしていましたが、少しずつ短時間からですが復帰…

  5. わたしとブログのあるべき姿

    今日こそはブログを書こうと思いながら更新できない日々が続いていました。札…

  6. 同じ本を何回も読んでみよう!

    同じ本を何回も読んでみよう!本を読みました。前回の記事でも紹介をした…

  7. 前に進んでいることを実感する

    ここ最近はこのブログの毎日更新が続いています。日付が変わったら新しい記事…

  8. 札幌ゼロ読書会1周年です!

    おかげさまで本日4月13日の読書会で丸1周年を迎えました。札幌で「本を語…

Twitter でフォロー

PAGE TOP